「金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ…」殺処分する職員の悲痛な叫び

\ニュートレに『いいね』お願いします/

いまだに多くの動物たちが保健所で殺処分されています。

保健所には、何らかの『飼えなくなってしまった』という理由で、犬や猫が持ち込まれます。

スポンサーリンク
 

飼い主が見つかれば幸いですが、見つからない場合は殺処分”されるしかありません。

残ってしまった犬や猫は、人間の都合の犠牲となり”安楽死”という名のもとに命を奪われていきます。

殺処分のために、動物たちの「命のボタン」を押す職員の気持ちを想像したことがあるでしょうか?

生きている動物を「殺す」という行為は、当然心が痛みます。

 

『シッポを振りながら私を見ないでくれ!』職員の悲痛な思い

大分県にある保健所に勤務していた渡辺さん。

当時を振り返り「金曜日の朝が辛かった」と語りました。

金曜日の朝に、殺処分を行うからです。

最期の瞬間まで人間を信じてくれている犬たちを、殺さねばならない仕事。

職員にしか経験できない複雑な思い…そんな、渡辺さんの思を綴った文章をご覧ください。

スポンサーリンク