キングコング西野が自身の絵本を「無料公開」→売り上げが1位に!?

\ニュートレに『いいね』お願いします/

1月19日、絵本作家としても活動するキングコングの西野亮廣(36)が自身のブログを更新。

昨秋に発売絵本『えんとつ町のプペル』(定価2,000円・税別)全ページをインターネット上で無料公開したことを発表しました。

スポンサーリンク
 

23万部を売り上げたベストセラーだけに「無料公開」という衝撃は大きく、その決断をめぐって賛否両論の意見が寄せられていました。

1月20日、西野氏は批判も認めたうえで、「誰でも無料で読めるようにした途端、amazonの売り上げがグイグイ伸びて、ついに書籍総合ランキングで1位になりました」と報告しました。

 

19日、絵本を無料公開

西野氏は19日、自身のブログ「お金の奴隷解放宣言。」というタイトルの投稿で、「えんとつ町のプペル」を全ページ無料公開すると発表しました。

本作は、3ヶ月前の2016年10月に発売されたばかりの作品で、既に23万部を突破する人気作。

『えんとつ町のプペル』

2016/10/21

定価2,000円(税別)

西野は小学生から「2000円は高い。自分で買えない」との声が気になっていたと報告し、子ども達が気軽に買える値段ではないことなどを理由に、ネットでの無料公開を決断。

「10万部売れるコトより1億人が知っているコトの方が遥かに価値があると考える」と訴えていましたが、賛否両論が巻き起こっていました。

スポンサーリンク