余命宣告を受けた教師が残した「最後の宿題」に、生徒全員が泣いた…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

とある中学校で、余命宣告を受けた先生が、生徒へ残した「最後の宿題」がありました。

生徒たちに「幸せになってもらいたい」という思いが込められていました…

スポンサーリンク
 

余命宣告を受けた先生。生徒への思いに泣ける…

数年前に、ネット上で拡散され話題となった“余命宣告を受けた先生”「最後の宿題」

今でも、定期的にネットで話題になる画像の一つです。

その「最後の宿題」とは…

大阪のある中学校で、余命宣告を受けた先生がいました。

先生は、夏休み明けの生徒たちに向けて、黒板にメッセージを書きます。

そこには、生徒たちに「幸せになってもらいたい」という思いが綴られていました

最後の宿題(提出期限なし)

「幸せになりなさい」

君たちが宿題を出す頃に

おそらく僕は天国にいるでしょう。

急いで報告に来るな。

ゆっくりでええから、いつか面とむかって

「幸せになったで」ときかせてください。

待ってるで。

愛する生徒たちに向けた「最後の宿題」

生徒の幸せを心から願う先生の気持ちが、真っ直ぐに伝わってきますね。

一人ひとりの生徒たちの心に響き、人々の心を打ちました。

このメッセージは海外でも取り上げられていました…

スポンサーリンク