挫折した漫画家が、再び自信を取り戻したワケ。その理由が泣ける…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

少年ガンガンで『Im』という漫画を連載している漫画家の森下真さん。

初の海外出版が決定したという森下さんが、ツイッターで公開した漫画が『心温まる』と話題に。

スポンサーリンク
 

自信を失った漫画家に、立ち直るキッカケを与えたのは…

月刊誌・少年ガンガンで『Im~イム~』という作品を連載する漫画家の森下真さん。

先日、ご自身初の海外版の出版が、フランスにて決定されたそうです。

その際、森下さんは学生時代に出会った”名前も知らないパリの少女”のことを思い出したといいます。

そして、森下さんはそのエピソードを漫画にし、自身のTwitterで公開しました。

すると、ユーザーから多くの反響を呼び『素敵な話』だと話題に。

心温まる作品をご覧ください。

絵を描くことが「クラスでちょっと上手い奴」だったという高校時代の森下さん。

漫画家になりたいという夢があり、芸大への進学を決めました。

 

しかし・・・

入学した途端、他の芸大生のレベルに高さに、おののいてしまったといいます。

芸術の技術が自分より長けている人間が、ごろごろいる世界だったようです。

入学からわずか2ヶ月後・・・

下さんは自信を失ってしまいました。

スポンサーリンク
 

人前で絵を描くことすら怖くなってしまったといいます。

そんな森下さんに、ある転機が訪れます。

意外な人物が森下さんに「自信をくれた」のです。

 

なんと、フランス・パリの16歳の少女が、自分の作品を購入してくれたのです。

名前すら知らないパリの少女が、森下さんに再び自身を与えてくれました。

このことがキッカケとなり、少しずつ自身を取り戻していきます。

そして、少女との出会いから7年が経った今、少年誌での連載を持つ人気漫画家となったのです。

 

Twitterで反響

こちらのストーリーを投稿したツイートは、2万を超えるリツイートをされるほど話題を呼びました。

Twitterユーザーの反応は以下の通りです。

・いい話です…
・とても素敵なお話ですね
・ええ話や…朝から泣けますわ…
・それが今現在に繋がっているというのも、あたたかい気持ちにさせてくれます
すごく感動しました
通勤電車の車中で涙目です
・泣いた…
・誰かこの漫画をフランス語訳してTwitterでその子が見つかるとかしたらドラマすぎる

当時16歳だったというパリの少女は、今ではもう23歳ですね。

もしかしたら、フランス版『Im~イム~』を、彼女が手に取るなんて奇跡がフランスで起こっているかもしれません。

スポンサーリンク