突然、すべての記憶を失った女性。同じ男性と再び恋に落ちる!

\ニュートレに『いいね』お願いします/

イギリスに住むジェシカ・シャーマンさんは、通勤中、突然「てんかん」の発作で倒れてしまいました。

発作により、彼女はすべての記憶を失ってしまいます…。

スポンサーリンク
 

ある日突然、すべての記憶を失う…

2016年3月1日のことでした。

イギリスに住むジェシカ・シャーマンさん(20)は、14歳のころから『てんかん』を患っていました。

その日、ジェシカさんは、恋人のリッチ・ビショップさん(25)と一緒に、ロンドンの同じ職場へ向かっていました。

通勤途中、突然『てんかん』の発作に襲われてしまいます。

すぐに病院に運ばれ、ジェシカさんの両親も駆けつけました。

その後、ジェシカさんは目を覚ましたのですが・・・

彼女は両親のことを覚えていませんでした。

それどころか、自分自身のや顔、性格、そして恋人のリッチさんのことさえも思い出せなかったのです。

病院側からは「発作が原因で起こる健忘症」と診断されました。

医師にからは”記憶が戻ることあっても半年はかかる。また、50%の確率ですべての記憶を失う可能性がある”と伝えられたのです。

 

 

記憶を失ったジェシカさん

これまでも何度か発作を起こしていたというジェシカさんですが、全て忘れてしまうほど酷い状態になることはなかったといいます。

母親のリサさんと、父親のギャリーさんは、ジェシカさんの記憶を呼び戻そうと過去の写真を見せました。

ですが、残念ながら記憶を失ったジェシカさんにとって、両親も恋人も「まったくの他人」にしか見えません。

 

家族や恋人、そして今まで親しかった友人たち・・・

思い出せなくなってしまったジェシカさんは、今までどおり生活を送ることが困難に。

 

先の見えない不安の中、ジェシカさんは精神的に追い詰められてしまい、恋人のリッチさんにさえ、恐怖心を抱いてしまいます。

そして「知らない人」となってしまったリッチさんに、ジェシカさんは別れを切り出したのです。

ですが、彼は諦めませんでした。

リッチさんは、愛する人にもう一度自分のことを思い出してもらおうと、根気強くジェシカさんを支え続けました。

スポンサーリンク
 

ジェシカさんは、当時のことを以下のように振りかえっています。

「リッチは2人がお気に入りだったというレストランにも連れて行ってくれました。

そして私たちが過去、どのような交際をしていたかを全部話してくれたんです。

彼はとても献身的、情熱的に私を支えてくれています。」

「初めて彼に恋したことは忘れてしまったのですが、

2回目、彼と恋に落ちたことははっきりと覚えています」

彼のまっすぐな想いは、ジェシカさんに届いたのです。

こうして、再び恋におちた2人は、今も愛を育み続けているといいます。

そして、ジェシカさんは周りの人々に支えられ少しずつ自信を取り戻しているようです。

スポンサーリンク