年を老いて死を目の前にした一匹の犬。「もし僕があなたと話せたら…」

\ニュートレに『いいね』お願いします/

もしあなたがペットを飼っていて、家族の一員になり、悲しい時も幸せな時も一緒にいてくれた。

そんなペットが老いて亡くなる前にあたなに感謝の気持ちを伝えれたら…

スポンサーリンク
 

今回紹介するのは、全世界で220万回以上再生されたショートフィルム『もし僕が話せたら』

とある男性と犬の出会いから別れまでを描いたストーリーに、世界が涙しました。

この動画は、海外メディアなどでも紹介され大きな話題になっています。

旅立つ前に…

※ストーリーの流れ

ある日、男性は、黒いゴミ袋に入れられて捨てられていた犬を川の中から助けます。

身体をきれいに洗ってやり、一緒に住むことを決意する男性。

一緒に住み始めてからというもの犬と男性は、毎日たくさんの思い出を刻んでいきました。

やがて、男性は素敵な女性と恋に落ち、人生の伴侶を見つけます。

優しいお母さんが出来た犬。

後に産まれた子どもとも、まるで兄妹のように、親友のように、仲良しで、いなくてならない存在になっていきました。

そして、時は過ぎ

年老いた犬に、旅立ちの瞬間が訪れます。

それでは、旅立つ前に犬が伝えたかったことをご覧下さい。

スポンサーリンク
 

『もし僕が話せたら』

あなたと話すことができたらいいのに。


どうか知って欲しい。

僕を救ってくれてありがとう。

愛してくれてありがとう。

あなたと過ごした日々のことは何もかも忘れないよ。


どうかどうか知って欲しい。

あなたが僕にしてくれたことすべてに、心から感謝しているんだ。


たくさんの楽しいことがあった。

あなたが恋に落ちた瞬間も、家族が増えた瞬間も、僕は全部見てきた。


たくさんのすごい冒険もしたよね。

今でもあの晴れた日のことをよく覚えている。

あの日、僕はいつまでも走り続けられるような気がしたんだ。


その後、あなたと一緒に見上げた空の上の天国。

無数の星たちが僕たち二人に語りかけてきてくれたよね。


今、僕は年老いてしまった。

疲れたし、身体も痛い。

いよいよお別れの時がやってきたようだね。

一緒にいてくれて本当に嬉しいよ。

だから、僕は怖くない。


あなたはいつも耳の後ろをくすぐってくれるよね。

僕はそれが大好きなんだ。

大丈夫、何もかもうまくいくよ。


あなたと話ができたらいいのに。

だって、あなたは僕のために悲しんでいるから。


話すことができたら、きっとあなたに伝えられるのに。

僕はあなたのすべてに感謝しているんだよ。

一緒に過ごした日々は、本当に素晴らしい時間だった。

7分14秒の動画です。お時間がある時に見ていただければ幸いです。

作品の最後には、犬にまつわるこんな格言が紹介されます。

「もし1匹の犬も愛したことがないのなら、その人の魂の一部分はいまだ眠ったままである」

アナトール・フランス(ノーベル文学賞受賞)

フランスの格言

「天国に犬が1匹もいないなんてことがあったら、僕が死んだ時は、犬のいるところに行きたいね」

ウィル・ロジャース(カウボーイ・コメディアン・作家)

アメリカの格言

一緒にいるからこそ幸せを感じ、悲しみも感じることができます。

それが「家族」と言うもの。

心のそこから、そう感じさせてくれる物語でした。

スポンサーリンク