ATMを独占するおばあさんに若者が激怒!ところが事情を聞くと…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

ATMが一台しか置いていない銀行で、一人のおばあさんが10分以上も操作し続けていました。

我慢に耐えかねた若者は激怒。おばあさんに文句を言うと・・・

スポンサーリンク
 

10分以上ATMを独占したおばさん。その事情は…

私の地方のある銀行には、ATMが一つしかありません。

それでも利用者が少ないので、特に不自由を感じたことはありませんでした。

ですが、ある日のこと。

ATMに並んでいたのですが、一向に進む気配がありません。

1人のおばあさんが10分以上、ATMを独占していたのです。

その結果、おばあさんの後ろに並び始めた人は5人以上に…。

並んでいた若者は、我慢に耐えかねたのか

「後ろ並んでるんだから、早くしてください!」

と、おばあさんに文句を言いました。

すると文句を言われたおばあさんは、その若者に向かって、

「すみませんねぇ、息子にお金を貸してくれと言われて…」

と言って、また慣れない手つきでATMを操作し始めました。

スポンサーリンク
 

すると、その会話を聞いたサラリーマン風の男性が、ある疑問を投げかけたのです。

「あの・・・

それって、本当に息子さんでしょうか?」

と、一言。

私は、最初は何をいっているのか理解できませんでしたが、すぐに「ハッ」と気付きました。

男性は、「振り込み詐欺」のことを言っているのだと。

全くATMの操作をしたことがないおばさんに、

果たして本当の息子さんがお金を振り込んでくれとお願いをするだろうか?

私を含め、その場に並んでいた誰もが、そう思ったでしょう。

そして、そのサラリーマンに続き文句をいった若者も、

「今、振り込め詐欺とか流行ってるんで、息子さんに確認したほうがいいですよ!」

と助言します。

最初は「えぇ・・・」と若者の提案に驚いていたおばあさんですが、すぐに携帯を取り出し息子さんへ電話。

するとすぐに出たようで、おばあさんが経緯を説明すると…

「違うの?頼んでない・・・?」

おばあさんは驚いた様子で携帯を切りました。

なんと、息子さんはお金を貸してくれとは頼んでいなかったらしく本当に詐欺だったのです。

 

 

「振り込み詐欺」を防ぎ、自然と笑顔に

おばあさんは「ありがとうございました」とみんなに何度も何度も頭を下げていました。

そして、そのまま警察に行くといってATMを去っていきました。

イライラした若者が発した一言がきっかけで、ひとつの詐欺を防いだのです。

最初はATMの順場待ちでイライラしていた人たちも、自然と笑顔になっていました。

他人に対して、常に優しくありたいと思うような出来事でした。

困っている人に対して、手を差し伸べられる人間でありたいと思います。

スポンサーリンク