Googleへ就職願書を送った7才の少女。なんと社長から返事が!

\ニュートレに『いいね』お願いします/

イギリスに住む7歳の少女がGoogleへ”就職願書”送ったところ、なんと本物の「Googleのボス」から返事が届き、海外で話題になっています。

スポンサーリンク
 

7歳の少女がgoogleへ送った一通の手紙

(写真左から2番目がクロエさん。一番右が父親のアンディさん)

イギリス・ヘレフォード市に住む小学2年生のクロエ・ブリッジウォーターさん。

ある日、父親のアンディさんは、社会に出て働くということについて、クロエちゃんにいろいろな事を教えていました。

そして、昔、自分が”Googleで働きたかった”と思ったことをクロエちゃんに話したそうです。

「そしたら彼女(クロエ)は『どうして?』と聞くんだ。

だからお洒落なオフィスの写真を見せたり、Googleがいろんな凄いことをやっているということを教えたんだ」

クロエちゃんはこの父親との会話に影響を受け

そんなステキな会社なら、将来はGoogleで働きたい!

と、アンディさんへ伝えました。

アンディさんは「それなら、Googleの偉い人に、自分の思いを書いて送ったら?」と提案します。

「なんで手紙なんだろう?」と、ちょっと不思議に思いつつも、クロエちゃんは手紙を書き始めます。

そして、Googleのボス宛に就職願書を送ったのです。

スポンサーリンク
 

手紙には「Dear Google boss(Googleのボスへ)」と書かれています。

『親愛なるGoogleのボスへ

私の名前はクロエです。大きくなったらGoogleで働きたいと思っています。また、チョコレート工場でも働きたいと思っています。水泳でオリンピックにも出たいです』

『私はコンピュータが好きです。タブレットでゲームをやっています。父はコンピュータのことを勉強するのにいいと言っています。いつか本物のコンピュータを買ってくれるそうです。』

『このまま勉強を続ければきっとGoogleに入社できると父に言われました。そして、入社するには願書を送らなければいけないと言われました。』

『願書が何なのかよく分かりません。でも、父は手紙を書けばいいと言っていました』

彼女がこの手紙を送って数日後・・・

なんと、本物のGoogleのボスであるサンダー・ピチャイCEO(最高経営責任者)から返事が届いたのです!

 

 

本物のボスから手紙が!その内容に心温まる

まさかGoogleのような大企業のボスから、こんな返事をもらえるなんて予想もしていなかったアンディさん。

アンディさんは自身のSNSにその内容を投稿しています。

Googleのボス、ピチャイ氏からの返事にはこう書かれていました。

クロエちゃんへ

お手紙どうもありがとう。

コンピューターやロボットが好きだと聞いて、僕はとても嬉しい。

このままテクノロジーの勉強を一生懸命してほしいな。

夢をあきらめず、頑張り続けたら、きっと君の夢は叶えられるよ。

Googleで働くことも、オリンピックに出ることもね!

学校を卒業したら、君が我が社に応募してきてくれることを楽しみにしているよ。

CEO Sundar Pichaiより

とても心が温かくなる手紙ですね。

クロエちゃんも大喜びしているといいます。

彼女(クロエ)はますますGoogleで働く気になって、学校の勉強に精を出しているよ」とアンディさんは喜びを語っていました。

スポンサーリンク