「犯罪歴」ある人を雇用?そんな斬新な雇用形態を採用した会社が話題に。

\ニュートレに『いいね』お願いします/

あなたがもし「犯罪歴」がある人と一緒に働く事になったとして、同僚や先輩、後輩「犯罪歴」があるとしたらどう感じますか?

ある企業の「犯罪歴」ある人の雇用が話題に…

スポンサーリンク
 

あるベンチャー企業が犯罪歴がある人の採用を重視していると言うのです。

そんな、斬新な雇用形態を持つベンチャー企業が話題となり問題視になりました。

そのベンチャー企業は、人材採用支援を行うヒューマン・コメディ社

ヒューマン・コメディ社は、3月14日、「非行歴・犯罪歴のある人」を従業員を積極的に雇用するという方針を決めました。

ヒューマン・コメディ社は、2015年に設立。

非行や犯罪歴のある人を対象にした人材育成事業などを行っている。

ヒューマン・コメディ社この事業に関して、次のように述べています。

近年、犯罪の認知件数は減少を続けていますが、

一方で全体の検挙人員に占める再犯者の割合が上昇している現状があります。

平成19年版犯罪白書(法務省)によると、1948年~2006年の犯罪を調べた結果、

人数ベースでは約3割の再犯者が、犯罪全体の約6割を引き起こしている調査結果も出ており、

再犯防止の重要度が上がっているといえます。

そして、無職者と有職者の再犯率は、約5倍の差があります。(保護統計年報)

 

上記の関係からヒューマン・コメディでは、

非行・犯罪歴のある方向けの就職支援を通じて蓄積されたノウハウをもとに、

矯正施設を出た後、スムーズに就職し社会復帰をすることが可能となる

就労支援サービスを2016年10月1日に開始いたしました。

サービス開始後、就労支援実績が出てきており、今後の事業拡大のため、

非行・犯罪歴のある方を雇用してくださる企業の正式募集を開始します。

株式会社ヒューマン・コメディ

再犯防止に繋がる事でこの事業を展開し積極的に「犯罪歴」ある人を雇用すると述べています。

どの企業も取り組んでいないことを実際に事業をしてやることは難しかったことでしょう。

だが、彼らの思いは「再犯防止」のために動き、世間の目を気にしないこの行為は、称賛しても良いのではないでしょうか。

 

再犯防止のために

さらに、ヒューマン・コメディ社はこんなことも述べています。

お金も身寄りもない彼らが、自立の必要性があるにもかかわらず、社会的差別によって定職に就けず、

(再び)犯罪に手を染めてしまう人も少なくない

株式会社ヒューマン・コメディ

ヒューマン・コメディ社は、昨年10月から非行や犯罪歴の人の雇用を希望する会社の採用活動支援を行ってきた。

まず企業と面談を行い、ニーズを把握します。

そして、その上で求職者を選定します。

過去の事件を含む求職者の背景を理解するため時間をかけて面談を行い、資質を見極めた上で企業との面接を調整する、というサービスなのです。

スポンサーリンク
 

また、代表取締役の三宅晶子さんは、非行・犯罪歴のある人たちの強みをこう述べています。

エネルギー…好奇心が高く、思ったことを即、行動に移せる実行力と根性があります。

覚悟…「絶対にやり直す」という覚悟。人一倍、感謝と恩義を感じる心があります。

経験値…経験値が圧倒的に高く、共感力と観察力があり、面倒見のいい方が多いです。

株式会社ヒューマン・コメディ

こう語る三宅晶子さんは、自分自身にも非行という経験があり、そこから這い上がって来た人だから語れることなのです。

三宅晶子さん自身、中学時代から非行を繰り返し、高校を中退。

しかし父親からデカルトの『方法序説』をもらったのがきっかけで、23歳のときに早稲田大学に入学して、大手企業で10年勤めて退社したあと、ある施設で自身と似た境遇の女の子と出会う。

その女の子出会いからこの会社を設立することになったという。

現在、11の企業と協力し、現在3人が就労・内定しているそうです。

 

世間の反応は…

素晴らしい事業で「再犯防止」に繋がることはわかりました。

が、

世間の目は、非常に厳しいのが「現実」と言うもの。

世間はどんなに真面目な勤務態度であろうと、犯罪者というレッテルが貼られている以上、そのような目で見てくるでしょう。

このような厳しい現実を受け止められる覚悟があるのなら、積極的に雇用を促進していくべきだと思います。

 

ネットの声

  • 「高校生の頃に不良だったら見込みはある 、大人になってから犯罪を犯した奴は更正は無理」

 

  • 「『好奇心が高く、思ったことを即行動に移せる実行力と根性』 ブラックジョークですね」

 

  • 「法律を守らないので 訴えられるリスクが高まります 敗訴したら倒産する時代」

 

  • 「窃盗の前科で建設業では即戦力はありえる。何故ならいい年した成人なのに工具類など持ち物に大きく名前を書かないと帰る頃には無くなるからね 。しかし名前を書いといても無くなる 。或いは現場期間が終わる前に逮捕されて居なくなるとか 、就業実績として挙げるのはどうかと」

などの意見がありました。

スポンサーリンク