自衛隊「沖縄の子どもに雪を届けよう」⇒沖縄市民から猛抗議される…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

「まだ雪を見たことがない沖縄の子どもたちに雪を見せてあげよう。」

そんな思いを持った青森県の自衛隊。

善意で沖縄へ雪を届けたのですが、衝撃の展開に…

スポンサーリンク
 

自衛隊「子どもたちのため」善意は届かず

「雪を見たことがない沖縄の子どもたちに、雪を見せてあげたい。」

そんな思いを抱え、沖縄へ雪を届けたのは青森県の自衛隊でした。

沖縄県で雪が降ることは、数十年に1度あるかないかだと言います。

青森県のように毎年大雪が降る地域とは違い、もしも沖縄県で一生を過ごしたのなら、積もった雪を見ることはできないかもしれません。

そんな「子どもたちのために」、青森県の自衛隊は、毎年雪をプレゼントしに行っていたのですが。

実は、この行為が批判を受けることになってしまったのです…。

 

雪のプレゼントが「洗脳」だと批判が…

1995年から、青森県の自衛隊が始めた『雪のプレゼント』イベント。

今年も、2月16日に子どもたちへ雪がプレゼントされました。

雪が届いた小学校では、歓声を上げて大喜びする子どもたちの姿が。

普段、見ることのないたくさんの雪に子どもたちは大興奮だったそうです。

イベントの最後には「海上自衛隊」のロゴの入ったキャップを被って、楽しく記念撮影を行ったといいます。

とても素敵な、微笑ましいイベントだと思うのですが…。

一部の市民団体が、このイベントに猛抗議。

「自衛隊が関わってきたこと」自体が、許せないという市民団体は、教育委員会や小学校へこんなメッセージを送ったのです。

市民団体は、こんなにも子どもたちが喜んでいるイベントであろうと、「危険を運んでくる自衛隊が関わってくることは許さない」と訴えます。

ついに、来年から『雪プレゼント』イベントは中止になってしまいました。

スポンサーリンク
 

もう、子どもたちに雪が運ばれてくることはありません。。。

市民団体は「雪のプレゼント」イベントに対し、

「学校教育に介入したのは洗脳活動の一歩、雪のプレゼントは偽装工作であり戦争を始める準備」

「太平洋戦争のときの旧日本軍もそうだった。このままでは子どもたちが戦争に巻き込まれてしまう。」

などと主張しているようです。

さらに、各地で行っているとされる抗議活動は徐々に大きくなっているといいます。

青森県の自衛隊の方は、善意で行っているのに…なんだかとても悲しいですよね。

 

ネット上の声は

この市民の猛抗議に対して、ネット上の意見はこちらです。

  • これって何年も前からやってるよな
  • 米軍もダメ、自衛隊もダメどうしたいんだろうね
  • てか、普通の日本人ならこういう反応は無いわw
  • 雪を見せたら戦争とかすばらしい妄想力
  • 自衛隊をバカにしてんのか
  • 青森の自衛隊の皆さん。雪を届けてくれてありがとう
  • まぁ沖縄はしゃーない
  • 沖縄の子供たちは雪なんかより人の気持ち方が冷たいって事を学んだんだな

子どもたちの楽しみと自衛隊の善意を理解できない市民団体は、ネット上でも反感を買っているようです。

スポンサーリンク