キングカズが年下の選手へも「敬語」を使う理由がカッコよすぎる!

\ニュートレに『いいね』お願いします/

日本サッカー界に君臨し続ける、キング・カズこと三浦知良選手。

彼は、年下の選手へも「敬語」を使い謙虚に接しています。

キングカズのある思いがありました…

スポンサーリンク

原口元気選手の快挙に対し、キングカズは…

11月15日、サッカーW杯アジア最終予選の第5戦が行われ、日本はサウジアラビアに粘り勝ちました。

この日、原口元気選手(25)は、歴代初となるアジア最終予選での4試合連続得点という快挙を達成したのです。

原口選手がこの記録を更新するまで、最終予選での3試合連続得点という記録を保持していたのは、キング・カズこと三浦知良選手でした。

自身の記録を塗り替えられ、さぞ悔しいのでは…カズ選手のコメントに注目が集まります。

そして、カズ選手はインタビューに対し、こう答えたのです。

「素晴らしい、上手くなる方法を教えて欲しい。カズ会にもぜひ参加して欲しい」

親子ほどの年齢差がある原口選手に対して「教えて欲しい」といった謙虚なコメントを残したカズ選手。

原口選手を一人のプロ選手としてリスペクトしていました。

さらに、海外で活躍する日本人選手たちを激励するための、カズさん主催の食事会、通称「カズ会」に参加して欲しいともコメントしていました。

 

「カズ会」の出席メンバーが豪華すぎる!

毎年行われている「カズ会」は、出席メンバーが豪華すぎるために、別名「カズJAPAN」とも言われているそうです。

ちなみにこちらは、12年度の出席者。

1度の食事会にこれだけの顔ぶれが集まる・・・

普段、カズ選手がどれだけ選手たちから尊敬され、慕われているのかが一目でわかりますね!

スポンサーリンク

長友選手、香川選手もカズ会に

海外で活躍している一流選手たちも、カズ選手には一目置いているようです。

2016年のカズ会の席では、「アモーレ!」と長友選手を出迎えてくれたそうです。

そして、長友選手がInstagramへ投稿したコメントがこちら。

「いろいろなお話をさせて頂き、カズさんの人間性、夢を追いかけ続ける姿勢に感動しました。

いつまでも僕たちのヒーローであるカズさんに刺激を頂き、自分もまだまだ頑張らないといけないと気持ちになりました」

カズ選手に対する思いが伝わってきますね。

また、香川真司選手も「僕の憧れであったカズさんとの食事会!」という言葉とともに、カズ選手との2ショット写真をInstagramに投稿しています。

だから若手もついていく

以前、年下の選手に対しても敬語で接することについて尋ねられたカズ選手は

「後輩たちからは敬語はやめてくださいって言われるんですけど、僕が『おい!』って感じで強く言えないだけですよ」

と、照れながら話していたそうです。

カズ選手には年功序列というような意識はなく、選手一人一人をプロのサッカー選手としてリスペクトしているんでしょう。

そして、今もなお現役を続けるカズ選手。

何歳になっても変わらないプロ意識とサッカーに対する姿勢こそが、多くの選手たちの目標となり、そして憧れになっているのでしょうね。

スポンサーリンク