生まれつき奇病を持った少女が奇跡を起こした。そこには2人の支えがあった。

\ニュートレに『いいね』お願いします/

生まれつき奇病を持った一人の少女がいました。

知的障害を持っていないが、知的障碍者専門施設に送られそうになったが2人の養子になる。

そして22年の月日がたった…

スポンサーリンク
 

周りからの目線

少女ムイ・トーマスさんは魚鱗癬と呼ばれる普通の人の10倍の速さで表皮細胞が老化するため、皮膚がどんどん剥がれサカナの鱗のようにひび割れてしまう難病にかかっていました。

この難病の厄介なところは、ひび割れていく皮膚のせいで感染症にかかるリスクが非常に高くなり、成人までの生命がごくわずかと言われています。

その為、生まれてから病院で過ごす時間が長かったムイさんですが、魚鱗癬のため周りの目から隠すために知的障碍者専門施設に送られることが決まります。

しかし、この決定に異議を申し立てたのが、当時ムイさんのいた病院でボランティアをしていたドイツ出身のティナさんとイギリス出身のロジャーさんでした。

知的障害を持っているわけでもないのに施設に送られるのはおかしいと感じ、2人はムイさんを養子に迎えたのです。

しかし、成長するムイさんに世間の目はやはり優しくはなかった…

スポンサーリンク