ホームレスに朝食をおごった女子大生。その優しさが彼の命を救った!

\ニュートレに『いいね』お願いします/

アメリカに住むケイシーさんは、子育てをしながら大学へ通っていました。

ある日、ケイシーさんが朝食を買いに行くと…そこにはお腹を空かせたホームレスが。

スポンサーリンク
 

お腹を空かせたホームレスを見た彼女は・・・

アメリカ・ニューハンプシャー州にある大学に通うケイシーさん。

ケイシーさんは、子育てをしながら大学へ通うとてもバイタリティー溢れる女性です。

ある日、大学へ行く前に「ダンキンドーナツ」へ朝食を買いに行ったときのことです。

ドーナツ店の前には、ホームレスの男性がいました。

ケイシーさんがコーヒーとドーナツを買って店を出ると、男性は、何かひとつでも買えるお金があるか手元の小銭を数えていました。

お腹が減っていて、何か買いたいのでしょう…。

そんな様子を見たケイシーさんは、行動にでました。

この男性に、温かいコーヒーとドーナツを買ってあげたのです。

そして、男性に話しかけます。

『座って少し話さない?』

実は・・・

ケイシーさんのこのさりげない行動が、後にホームレス男性の命を救うことになったのです…。

スポンサーリンク
 

彼女の優しさに救われたホームレス

ケイシーさんは、この出来事をFacebookに投稿しました。

こちらがケイシーさんの投稿です。

今日、ダンキンドーナツへ向かっている途中、ホームレス男性が歌を歌って小銭を稼いでいました。

彼も同じくダンキンドーナツが食べたいのでしょう。

彼が一生懸命小銭を数えている間、私はなれなれしくも話しかけたんです。ちょっと嫌そうだったけど・・・

彼の持ってた小銭は1ドルにも満たない様子だったので、私はベーグルとコーヒーをおごって一緒のテーブルへ。

すると、彼はこんな話をしてくれました。

ホームレスはとても冷たく扱われること薬物中毒になって自分がおかしくなったこと母親をガンで亡くしたこと父親の顔すら知らないこと亡くなった母親が、誇りに思ってくれるような人間になりたいと思っていること・・・etc

彼の名前はクリスというんだそう。

とっても誠実で、正直な男性だと思ったわ。

そして、授業に遅れていることに気づいた私は席を立ったの。

すると、彼は私へクシャクシャになったレシートを渡し「汚い字でごめんね」と言ってどこかへ立ち去って行きました。

そして、レシートを見ると・・・

こんなことが記されていたんです。

「今日、わたしは自殺しようと思ってた。

でも、あなたの優しさのおかげで気が変わった。

ありがとう、美しい人。」

 

 

さりげない優しさが、一人の命を救う

ホームレスの男性は、まさに今日、自殺しようと考えていたのでした。

そんな時、何気なく話しかけたケイシーさん。

彼女の優しさが、彼の人生に希望を与えたのです。

Facebookに投稿されたこのエピソードは、30万近くシェアされ多くの人に感動を与えました。

今回のように、少しの行動がその人の命を救うことだってあります。

皆さんはこの話を聞いてどう思いますか?

なんだか、とても優しい気持ちになれますね。
スポンサーリンク