とあるネットカフェ難民が「半年間」滞在した結果。驚愕な金額を請求された…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

近年、ネットカフェ難民は増え続けており、減少する気配は未だありません。

今回は、とあるネットカフェで「半年間」滞在した人が多額な請求をされた事が話題になりました。

スポンサーリンク
 

ネットカフェでは、「マンガも読めて、インターネットも使えて、ご飯やお菓子も食べれて、しかも、ドリンクも飲み放題」でかなり充実していますよね。

1日中いても飽きないですね!

さらに、部屋は半個室になっており少し小さいですが、お店によっては完全個室も完備している所もあるそうです。

そんな楽しい楽園のところが、1時間数百円で楽しめちゃうんですね!

そこで、今回はネットに投稿した1枚の写真が話題になっています。

話題になった内容とは、ネットカフェにサービスなどを使わず半年間も滞在していたそうで、その請求額は、誰もが目を疑ってしまう金額なのです。

それでは、そのレシートをご覧ください…

なんと200万近くもの金額を請求されてしまったのです。

恐ろしすぎますね!

半年間ということは、1日24時間ですから、5,788時間!

単純に1時間はおよそ360円という計算になります。

さらにそれが1日で360×24ですので、8,640円!

1ヶ月を30日と計算しても8,640円×30ですので、およそ25万9千近くに…

ネットカフェでサービスなく生活すると1ヶ月25万円もの生活費がかかるのです。

ただし、今回の料金は全て基本料金でサービスが入っていない計算になっていました。

でもこれって、家を借りた方が安上がりなのでは…???

スポンサーリンク
 

増え続けるネットカフェ難民

そもそも「ネットカフェ」難民ってなに!?

ネットカフェ難民とは、いわゆるホームレスの一種で、定住する住居がなく、寝泊りする場としてインターネットカフェを利用する人々のことを指す造語。

出典:ウィキペディア

厚生労働省の調査によると2007年にはネットカフェ難民の人数は5400人だったそうです。

2007年時点ということは、今はもっと増えていると思います…

男女比は、男性が6割で女性が4割と思っていたよりも女性の割合も高いことにもびっくり!

一部のネットカフェでは、長期利用者に対して、住民登録を認めたり、郵便物の受け取りをしてくれるところもあるそうです。

ネットカフェの運営者側は、サービスを良くすることで、顧客満足を目指しているのは、いいことです。

だが、そのサービスを勘違いしている人が多くいることが多いので結果、ネットカフェ難民が居なくならないのかもしれません。

 

ネットの声

  • 「ネットカフェでニート暮らし?理解不能。」

 

  • 「こういう人はおそらくネットカフェのPCで株のトレードしながら1000万円くらい儲けてるんじゃないかな。」

 

  • 「よく疲れないな、部屋を借りられない人なのか?」

 

  • 「バイトがふざけてやったんじゃないの?実際には毎日請求されるはず。」

 

  • 「レシート見ると前受け金が支払われてるから会員になっている。そういう場合途中請求はされない。」

 

  • 「前受け金220円が笑えるwww」

 

  • 「サービスタイム5分もじわじわくるwww」

などの声がありました。

ネットカフェ難民には、訳があってなっている人もいるとは思いますが、半年で200万でしたら家を探す事をオススメします。

スポンサーリンク