絶対、幼児に食べさせてはいけない超危険な「もの」をご存知ですか?下手したら死に…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

幼児の時期は、食べ物以外も口に入れたがりますよね。

皆さんも最新の注意をはらっていると思います。

その中で最も危険な食べ物4つを紹介します。

スポンサーリンク
 

離乳食から通常の食事へ・・・

一歳前後の幼児は、食事にとっても気を使いますよね。

この時期は食の嗜好を決定付けるとても重要な期間でもあります。

親としては、いろいろな食物を与えたいと考えるのも当然でしょう。

しかし、幼児には与えていけない食物もたくさんあるのを知っていますか?

場合によっては「死」につながるケースも・・・

それでは、幼児には、超危険な食べ物を解説付きで紹介します。

 

危険な食べ物4つ

1:ハチミツ

ちょっと意外ですが、ハチミツは絶対にNGです。

これは、ハチミツにボツリヌス菌と呼ばれる毒素が含まれているから。

ボツリヌス菌は、1グラムで100万人の致死量に相当する猛毒です。

消化器官が未成熟な幼児にハチミツを与えると、ボツリヌス菌が異常に増殖して「乳児ボツリヌス症」へ陥り、死ぬことがあるのです。

このため、ハチミツそのものを与えないのはもちろん、ハチミツを含んだ食物も与えないよう、十分に注意する必要がありそうです。

残りの3つの中に子供が大好きな食べ物まで!

スポンサーリンク