手話に対する偏見…「手話で話していたら笑われました」→手話を見世物扱いされた人の悲しみ…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

手話は、視聴覚障がい者の人だけでなく、一種のコミニュケーションとして使用しています。

しかし、未だに手話は見世物にしてバカにしている人たちもいます…

スポンサーリンク

手話は耳の不自由な方がコミュニケーションをとるツールとして、重宝されています。

そんな手話に対して、バカにされ笑い者にされたとFacebookを通して訴えかけたとある人がいました。

 

手話で話していたら笑われました

Facebookに投稿した人は、耳の不自由な方をご友人にもつ方で、その日は、電車内でいつものように手話を使って会話していたと言います。

ところが

※Facebookの投稿写真

電車で、友達と手話で話したら目の前に座っている女子高校生に笑われました。

しかも、動画撮られたみたいです。

笑いながら、動画。

耳聞こえるのが当たり前な世界に耳が聞こえない人も居るんです。

当たり前な生活を暮らすのは、そう簡単じゃないってわからない人がいるそうです。

なので、みんなこの画像を広めて欲しいです。

なるべく沢山の人に知って欲しいです。

「手話は、耳聞こえない人達の通じる方法の一つなんです」

スポンサーリンク

なんと、笑いながら動画までも撮りバカにしたと…

とても考えられない事です。

健常者の人が、手話をやっているところが珍しかったのかは分かりませんが、許可をなく動画を撮り見世物として笑いながら撮ったことを健常者の人は恥じるべきです。

そして、自分のやっている行為そのものが、恥じるべきものと分かっていない時点であなたは異常者だと思います。

これはあまりにも酷すぎますね。

 

ネットの声

  • 「動画を撮るってもはや健常者ではないでしょ」

 

  • 「胸糞わりーな!心貧しい奴はほっとけ。。」

 

  • 「最近の若い奴は常識がなってない奴が多すぎやしないか?」

 

  • 「電車で動画を撮るって周りの奴も注意しろよ!」

などの批判的なコメントがありました。

 

知って欲しいこと。

未だになくらないこういった偏見問題…

手話をやっている姿は、決して見世物ではありません。

悲しいことに、間違った認識や偏見を持っている人たちはとても多くいます。

一人でも多くの方にこのような現状があるのを知ってもらい、世の中から、このような心の貧しい行為がなくなることを心から願っています。

スポンサーリンク