砂糖・添加物を摂らずに1ヶ月過ごした男性。驚くべき変貌と結果に!

\ニュートレに『いいね』お願いします/

オランダ人のある青年が『砂糖とアルコールを1ヶ月間断つと、人間の体にどんな変化が現れるのか?』という実験に挑みます。

1ヶ月後、体には驚くべき変化が!

スポンサーリンク
 

砂糖・アルコールを完全に断ってみた

いつまでも健康でいるために、健康的な食生活を心がけている人は多いですよね。

健康のために控えるべき代表的な食べものと言えば、アルコールと砂糖というのは有名な話です。

では、実際この二つを断ったら…。

体にどんな変化が現れると思いますか?

今回、オランダ人のある青年が『砂糖とアルコールを1ヶ月間立つと、人間の体にどんな変化が現れるのか?』という実験に挑みました。

実験に挑んだオランダ人のサシャさん。

彼は、砂糖・アルコールを含んだ食品を1ヶ月間まったく口にせず、ヘルシーな食生活を送ります。

(ソースなどでも砂糖が入っていたらアウト!ですが、フルーツなどの天然の甘さのものは食べてもOKというルールです。)

まず、健康診断を受けて、今の体の状態をチェックします。

体重81.7kg

コレステロールやや高め

血圧135

中肉中背の健康的な20代

では、1ヶ月間でどのように変化していくのでしょうか?  

スポンサーリンク
 

徐々に体に変化が!

そして、実験がはじまると、サシャさんにある変化が。

糖分不足によって、常にイライラしてしまうようです。

4日目には「怒りっぽくなってきた」

5日目には「いつも空腹」

と、コメントしています。

ヘルシーな食生活を続けるサシャさん。

1ヶ月の間、人口甘味料も、加工食品も、アルコールも一切口にできません。

デート中ももちろん我慢。

サシャさんの恋人は隣で、ビールやポップコーンを食べています。

これはキツイですよね…。

サシャはこの頃の心境を、このように語ります。

「こんなに過酷なチャレンジだとは思ってもみなかったよ。

あまり気分がすぐれない。

どんどん怒りっぽくなっていて、周りの人に迷惑がかかっている気がするんだ。」

チャレンジはどうなってしまうのでしょうか?

 

そして1ヶ月後…

イライラに悩まされながらも、チャレンジを続けたサシャさん。

すると、驚くことに25日目の朝「初めて甘いものを食べたいと思わなかった」とコメントしました。

また「朝起きるのが楽になった」「エネルギーに余裕が出てきた」など、この頃から体の調子がよくなったことを語ります。

そして迎えた1ヶ月後・・・

サシャさんは再び健康診断を受けました。

そこで待ち受けていた結果は・・・

体重は77.4キロ(-4.3キロ)

コレステロール値は8%減少

血圧135→125(−10)

今回の実験で、私たちの回りにある食品が、少なからずとも私たちの体を蝕んでいるという結果になりました。

最後にサシャさんは、この1ヶ月間を振り返ります。

最初こそキツかったものの、次第に「甘いものが食べたい!」という欲求が消え去り、「体調はすこぶる良くなった」と語ります。

食生活の改善のみで、ここまで身体上に変化があるなんて驚きです。

砂糖やアルコール、添加物の取りすぎには気をつけたいですね!

スポンサーリンク