ご飯を食べない息子にパパが理由を聞いた→「なんで気づいてあげれなかったのか」

\ニュートレに『いいね』お願いします/

子供が何かに反抗するようになったとき、子供は何か心のうちに秘めた思いを持っています。

まずは、怒らないで理由を聞いてあげてください…

スポンサーリンク

子供って、なかなか言うこと聞いてくれませんよね。でも、頭ごなしに叱ってはダメ。

実は、とっても深い理由があったりするんです・・・

 

息子が食べない

うちには3歳半の長男と1歳の次男がいます。最近、私は次男にかかりっきりで、長男にかまってあげる暇がありません。

するとある日、長男がこんなことを言い出したのです。

「ごはん食べたくない。太郎、おかし食べる・・・」

それからというもの、長男はお菓子ばかり食べ、ご飯はほとんど口にしなくなりました。

そんな姿を見かねてか、仕事から帰ってきた夫が息子を呼んで「ある事」を話し始めました。

「太郎、パパのヒザに乗って少し話をしよう。」

長男はちょっと不機嫌な表情で夫のヒザに乗り話を聞き始めます。

そして・・・

 

息子の思い

そして、夫が話し始めました。

「太郎は、よくママにプレゼントあげてるよね?」

夫の質問に長男は得意げに返事をします。

「うん!今日もお花をとって紙で包んであげたんだよ!」

夫は続けます。

「へえ、ママはなんて言ってた?」

長男は、花を指差して答えます。

「うれしいって言ってた!そこに飾ってあるよ!」

夫は微笑みながら続けます。

「じゃあ、ママが『太郎のプレゼントなんかいらない。お花じゃなくて他のがいい。』って言ったらどんな気持ち?」

すると、長男は・・・

「・・・(ショックを受け)いやだ・・・」

・・・と言いながら泣き始めました。

スポンサーリンク

プレゼント

泣いている長男に、夫は続けます。

「ママが毎日作ってくれるご飯は、お前へのプレゼントなんだよ。『太郎、喜んでくれるといいな』って思いながら作ってるんだ。お前がお花をつんでる時の気持ちと一緒じゃないかな?」

「(泣きながら)うん・・・。」

さらに夫は続けます。

「ママは、お前のために一生懸命作ったプレゼントを『いらない』って言われて毎日捨ててたんだよ。どんな気持ちか分かるかな?」

その一言を聞いて長男は号泣。

「ママ、ごめんなさい!・・・」

と言いながら泣きじゃくるのでした。

そして、長男は次のように語るのですが、私はこの一言がすごく胸に刺さりました。

「ママと一緒に食べたかったんだもん。『あちゅまれー』して欲しかったんだもん!・・・」

そう、長男は前のように私と一緒にご飯を食べたかったのです。最近では次男にばっかり気を取られていましたから・・・

そして「あちゅまれー(集まれー)」とは、器に散乱したご飯をスプーンで集めること。前は長男によく言ってたんですが、このところご飯を食べない事ばかりに気を取られてました。

長男の話を聞いて私は反省することしきり・・・

本当はお菓子を食べたいんじゃなくて、私と一緒にご飯を食べたかったんだね。「あちゅまれー」をして欲しかったんだね。

すると、機嫌を取り戻した長男がこんな風に言ってくれました。

「ママのプレゼント(ご飯)、ぜーんぶピカリン(きれいに食べること)しちゃうもんねー!」

それからというもの、私は長男、次男としっかりお話しながら食事をするようになりました。

主人は仕事が忙しく、なかなか一緒に食事できませんが、たまにこんな大きなプレゼントをくれるんです。

とってもありがたいですね・・・

終わり

子供って、親の態度や行動にすごく敏感なもの。

「さっぱり言うこと聞いてくれない」

なんて思ったら、まずは何かのサインだと考えてもよさそう。

それにしてもこのご主人、とってもお子さんの気持ちを分かっていましたね。

ぜひ、見習いたいものです。

スポンサーリンク