4、5時間の睡眠時間で生活していたら…女性の実体験にゾッとする

\ニュートレに『いいね』お願いします/

サラリーマンになってから2週間、4〜5時間の睡眠時間で過ごしていたという女性。

ある日突然、体に違和感が・・・

スポンサーリンク

1日4〜5時間しか寝なかったら…

日本人の平均睡眠時間は、世界的にみて少ないと言われています。

個人差はありますが、睡眠時間は7時間半がベストだと言われていますよね。

Twitterユーザーの仲島歩さん(@a12nakashima)の投稿が話題を呼んでいます。

それは、仲島さんが、サラリーマンとして働き始めた時におきたゾッとする話です。

職場までの、通勤時間は往復3時間半。

2週間4〜5時間の睡眠時間で過ごしていたと言います。

そんな中、友人と旅行へ行き京都を満喫していると、突然体調不良に…。

この恐ろしい経験から、仲島さんはできる限り長い睡眠時間をとるようになったそうです。

スポンサーリンク

日本人の睡眠時間はワースト2位

経済協力開発機構が2014年に行った睡眠時間調査。

この検査結果で、なんと日本人の平均睡眠時間は29カ国の中でワースト2位だったことが明らかに。

さらに、年々平均時間が短くなっているといいます。

睡眠不足は私たちの体にさまざまな弊害をもたらします。

睡眠不足が原因で陥ってしまう、代表的な15個の症状がこちらです。

寝不足の症状1:記憶力の低下

記憶力の低下に陥ると、何度も同じことを質問したり、それほど時間が経っていないのに簡単な物事を忘れてしまうという状態になります。

脳に疲労物質が溜まり、十分に脳が活動することができなくなるためです。

寝不足の症状2:思考力の低下

思考力が低下した場合、会話の内容が頭に入ってこなかったり、いつもはできる仕事や勉強ができなくなることがあります。

寝不足により脳の活動が抑制され、あなたの能力が制限されていることが原因です。

寝不足の症状3:集中力の低下

集中力が低下した場合、運転中のミスや、簡単なことのケアレスミスなどを繰り返す危険性があります。

寝不足の症状4:寝たりなさ

心身が十分に回復されず、起床時に寝たりなさを感じます。

起床時の目覚めが良くなければ、一日のエンジンがかかるまで時間がかかってしまいます。

寝不足の症状5:日中に感じる異常な疲れ

午前中などまだ本格的な活動をしていない時間であっても、異常な疲れを感じる時があります。

脳も体も十分な休息をとることができないからです。

寝不足の症状6:日中の異常な眠気

日中に異常な眠気に襲われるという症状が出る場合があります。

脳は疲労物質が溜まっていると、それを解消しようと眠気を促し、睡眠をとろうとするからです。

寝不足の症状7:免疫力の低下

免疫力が低下し、怪我や病気にかかるリスクが高まります。

寝不足の症状8:鬱病になる可能性の増加

うつ病にかかるリスクが高まります。

睡眠には精神の安定に対する役割もあり、それが不足することで精神疾患にかかりやすくなるためです。

寝不足の症状9:ささいなことにストレスを感じる

急なストレスを感じやすくなり、人に対して余計に厳しく接してしまう場合があります。

睡眠には感情の安定に対しても重要な役割があり、これが損なわれることで、カッとしやすくなるからです。

寝不足の症状10:急に不安になる

寝不足に陥ると、どこからともなく急に不安になってしまうという症状が出る場合があります。

寝不足の症状11:食欲がおさまらない

食欲のバランスが崩れ、肥満になる可能性が高まります。

睡眠により、食欲を司るホルモンのバランスが安定しますが、寝不足に陥るとこれが崩れ、食べても食べても満足できなくなってしまうからです。

寝不足の症状12:肌質の悪化

肌質が悪化するという症状が出る場合があります。

睡眠には傷ついた細胞を修復し、肌質を改善する効果があります。

これが損なわれると、傷ついた細胞がそのまま放置されるため、肌質が悪化してしまうのです。

寝不足の症状13:頭痛

起床時の頭痛を引き起こす場合があります。

睡眠不足によって脳の疲労が解消されないと、脳内の血管がストレスを受けて拡張してしまいます。

拡張することにより、周囲にある神経を圧迫し、頭痛を引き起こすのです。

寝不足の症状14:吐き気

朝から日中にかけて吐き気が生じる場合があります。

睡眠不足により体の機能が上手くまわらないことに原因があります。

寝不足の症状15:目まい

ぐるぐると回るような目まいが生じる場合もあります。

「やりたいことがある」「仕事が忙しい」「育児で寝る時間がない」そういったさまざまな事情から、つい睡眠不足に陥ってしまいがち。

しかし、極度な睡眠不足で過ごしていると、いつか命取りになるかもしれません。

自分の体を気遣ってあげてくださいね。

 
スポンサーリンク