玄関にある張り紙の理由が闇が深すぎる。深刻な問題に向きあう家族の振る舞いに涙…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

スポンサーリンク
 

ネットで持論が展開

  • 「こういう張り紙はこれから増えてくるかもしれない」

 

  • 「祖母の認知症が悪化した時はこれでした。」

 

  • 「事情はどうであれ、ご家族は精神的にギリギリで他の人からの干渉を受けたくないから張り紙がしてあるかと思います。」

 

  • 「警察には事情を話してあるようなので、あまりに心配な時は警察に電話を。警察に聞いてみればわかるというリプについては、詳細を教えてくれないかと個人情報のため。」

 

  • 「書いてある人の気持ち解る。。私もお風呂に入ってもらうだけで…『殺されるー!』と呼ばれますので…」

 

  • 「精神障害とか認知症の家族かと思うけど本当に救急車が、必要な時と、どう見分けたらいいのか悩む!」

などの様々な意見がありました。

この張り紙から考えられることは1つですね。

「認知症などを抱えた方がいる」

という説が一番だと思います。

スポンサーリンク
 

そう考えれば、

「こういう張り紙はこれから増えてくるかもしれない」

の持論された人の意見は本当かもしれませんね。

 

進んで行く高齢化社会

現在日本は「少子高齢化社会」と言われ、2013年の時点で国民の4人に1人が高齢者に該当すると言われている。

そして、2035年までにその割合は「3人に1人」に増加すると予測されている。

人間が高齢化する上で、気をつけたい病気の1つが「認知症」である。

2012年時点で認知症を発症した高齢者は462万人いると推計されている。

様々な原因で脳の細胞が異常を起こし、判断力が低下したり自分が置かれている時間や場所を正しく認識できなくなったりする病気のことである。

その結果、ネットで持論されていた中に

「お風呂に入ってもらうだけで『殺されるー!』」

と叫ばれたり、救急車を呼ぶよう言い渡したりなど、突然脈絡のない行動を起こし始めるのである。

日本は高齢化社会ゆえ、今後さらに認知症は増えていくことが予想されているのである。

 

ネットの反応

  • 「統合が失調してるケースかもね」
  • 「自分の家族が将来こうならない保証はない
  • 「決して他人事ではない貼り紙ですね・・・」
  • 「そっとしておいてあげてほしい」

などの声がありました。

認知症の問題はどのように対策をしていけばいいのか?

これは、非常に難しい問題です。

ですが、一人一人がこの問題に向き合い、そして助けあう事が一番大切だと思います。

スポンサーリンク