我が子が「いじめのマト」に…「家族」ができる対処法に称賛の声!

\ニュートレに『いいね』お願いします/

愛する我が子が学校で「いじめのマト」にされたとき、あなただったらどうしますか?

ある人が、その質問をネット上で回答し話題になりました。

スポンサーリンク

子供は残酷な生き物です。自分たちが楽しいからという理由で、他の子供をいじめてしまいます。

そんな、いじめのマトにされてしまった場合、家族は何がしてやれるのか…

今回は、我が子がイジメの標的にされた親が、どのようにして「いじめ」を解決したかを、とある人がネット上に投稿した内容を紹介します。

ネット上に投稿したのは、@yosinotenninさん。

もし学校で我が子がイジメを受けてしまった場合、担任や学校に相談してもほぼ無駄です。

「子供がやったことだから」

「もう少し様子を見て」

などと言われて問題を後回しにされてしまいます。

このような対応を行ったために、これまで数多くの最悪な結果を引き起こしてきたのに学校側は、いじめの実態を隠すことに必死になります。

 

いじめ対策

そこで、実際に子供がいじめにあっていた親は、このような方法を取ったそうです。

まず、イジメを受けた子供を病院に連れて行きさらに、学校側には警察と弁護士に相談すると、伝えたんだそうです。

「子供のイジメで警察や弁護士に相談するの!?」

と大げさではないかと考えるかもしれません。

スポンサーリンク

しかし、「いじめ」という言葉でぼかされていますが要は「暴行」です。

大人同士であれば殴られただけで裁判沙汰や警察沙汰は当たり前、それを子供だからといって済ませてはいけません。

いじめをしている子供の親は、ほとんどが無関心といいます。

「自分の子供がそんなことをするはずがない」

と考えて何もしないか、もしくは担任から指摘を受けて逆ギレをすることが多いんだとか。

そこで、警察や弁護士などを通して、より強い力を使って訴えかけるのは効果的だといいます。

この対処法に対してとある質問がされました。

それは

「クラスの大勢にいじめられたらどうしたら良い?」

というものでした。

これに対して次のように回答しています。

えて学校に行かせる必要はないといいます。

確かに、子供に傷をつけるためだけに学校に通わせるのは虐待と同じ、昔の人であればいじめにあっていても子供を学校に通わせたでしょうが、今はその必要はないのかもしれません。

ネットでは

なるほどですね。 自分自身も経験者なので、すごく参考になります。 ありがとうございますー

などの称賛の声がたくさんありました。

いじめの問題を解決するには、我が子を守りたければ、親が動くしかないのです。

スポンサーリンク