視聴覚障害の人は、口元を見て理解する→「マスクして接客」はとても理解に困難…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

お店での接客で、予防のためにマスクをしながら接客している人がとても多いと思います。

ですが視聴覚障害者にとっては、手話だけでなく口元も見て意味を判断するそうです。

スポンサーリンク
 

スーパーやコンビニだけではなく、様々な接客業でマスクをして接客する人が多くいます。

それは、予防のためだと思いますが、マスクをして接客されることで、とても困っている人もいます。

とある新聞の投書欄に寄せられた投稿に、注目が集まりネット上で話題になっている。

投稿によると、聴覚障害者が日頃から抱える悩みが赤裸々に告白されています。

※新聞の投稿がこちら

聴覚障害者には唇見せて

私は聴覚障害4級で、両耳に補聴器をつけています。

販売はサービスなど接客のお仕事をされている皆さんに、お願いがあります。

客が補聴器をつけている場合、もしあなたがマスクをしていたら、

マスクをずらして、唇が見えるようにしていただきたいです。

難聴者は、相手の唇の動きを読んで、意味を理解しようとします。

ところが、寒くなってマスクをする人が増えると、唇が見えなくなり、

コミュニケーションに困ることが増えるのです。

医師や、看護師など医療関係者の場合、

補聴器に気がつくとさっとマスクをずらしてもらえることが多く、とても助かります。

スポンサーリンク
 

聴覚障害者は、視覚障害者に比べて外見ではわかりにくいのですが、ご理解いただければ嬉しいです。

接客業の企業では、新入社員研修でこのことをぜひ伝えてくださるようお願いいたします。

出典:朝日新聞

寒くなってきたり、花粉などの影響で、マスクして出かける人も多いと思いますが、

マスクをしたまま対応されると、聴覚障害者にとっては非常にコミュニケーションが取りづらくなるのです。

 

ネットの声

 

    • 「風邪を引いてマスクをしているのは、許す!でも寒いが理由でマスクしている奴でマスク接客をしているのはお客に失礼だろ!」 

 

  • 「視聴覚障害者は、口元も見ているので、接客するときだけ外して欲しい。」

などの声がありました。

一般の方で、サービス業や接客業に従事している方には、手話が分かる人が少ないと思います。

そのため、耳の不自由な方とコミュニケーションをとる場合には、筆談や、読唇・読話術が必要になるのです。

マスクなどをして接客する場合、面倒く際さいと思うかもしれませんが、マスクを外してください。

さらに、耳の不自由な方と話す場合には、大き口を開け、ゆっくり・はっきり話すことがとても重要ですので、状況に応じてはジェスチャーなどを交えるのも効果的ですね。

スポンサーリンク