「抱きません」産まれた赤ちゃんを拒んだ旦那。その理由に妻は号泣…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

奥さんが意識不明で危険な状態の中、帝王切開で赤ちゃんを取り出すことに。

そして、無事に赤ちゃんは取上げられたのですが…

スポンサーリンク
 

母子ともに危険な状態でむかえた出産

出産は予期せぬトラブルが起きたり、最悪の場合、命を落とすケースもあります。

日本での死亡率は約2万人に1人と言われています。

2000件のうち300件は命の危険と隣り合わせとも言われていますよね。

母親にとって出産は命がけです。

この話は、ネット上に投稿され話題を呼んだ、夫婦の実話です。

 

赤ちゃんを抱くのを拒否!

旦那さんが見守る中、出産中の奥さん。

奥さんは、30時間も続く陣痛に弛緩発作のため、意識を失ってしまいました。

奥さんが意識不明の中、帝王切開で赤ちゃんを取り出すことに…。

その時、医師から「母子ともに危険な状態」と告げられます。

旦那さんは、迷わず

「母親の命を優先してください」

そう言って、医師に頭を下げました。

そして…とても危険な状態でしたが、赤ちゃんは無事に産まれることができました。

立ち会っていた旦那さんは大喜びのはず…すべての父親は今すぐにでも我が子を抱きたいと思うでしょう。

看護師さんの「抱かれますか?」との質問に対し、旦那さんはこう答えました。

「今はいいです!!」

どうして!?

待ちわびていた我が子との対面…生まれてきたらすぐにでも抱きたいはず。

そう思ってしまいますよね。

しかし・・・

赤ちゃんを抱かなかった理由。

そこには、奥さんに対するある想いが隠されていたのです。

スポンサーリンク