母「障がいある子は育てられない」とゴミ箱へ…→命を粗末にした母に天罰が!

\ニュートレに『いいね』お願いします/

もし子供が障がいを持って生まれて来たら同じように接してあげられますか?

ある母は、「障がいある子は育てられない」とゴミが散乱する場所に子供を捨てたのでした…

スポンサーリンク
 

育児放棄した母がとった行動がとてつもなく心が痛む…

小児医療センターでボランティア活動していたサラさんが、体験した障がいの子供に対する母の悪態…

死期寸前の子供に奇跡が起こった…

 

子供との出会い

28歳のサラ・コンクさんは、南ルイジアナ出身のアメリカ人女性です。

宣教活動のためにハイチを訪れていた彼女は、

レクリエーション療法士 (Certified Therapeutic Recreation Specialist: CTRS)

という資格を活かし、

NPO団体が運営する小児医療センター「Danita’s Children Medical Center」

で子どもたちの生活や成長をサポートするボランティア活動を行なっていました。

そこではたくさん子どもたちとの出逢いがありました。

中でもサラさんの人生を大きく変えたのが、ニカちゃんとの出逢いでした。

ニカちゃんは生後3か月の時、彼女の叔母だという女性によってセンターに連れてこられました。

赤ん坊の健康状態が良くないことは、誰が見ても明らかでした。

頭は水頭症が原因で髄液が溜まり、大きく膨らみ、体は赤ん坊とは思えないほどやせ細っていたのです。

サラさんは、ニカちゃんをすぐさまセンターの手術患者リストに登録しました。

 

信じられない光景

手術は、無事に成功。

その後、ニカちゃんは体力が回復し、通院治療が可能になったため退院が決まりましたが、叔母を名乗る女性は、ある日からセンターへ姿を見せなくなっていました。

サラさんの電話ごしの説得の末、女性がニカちゃんを迎えにセンターへ戻ってきましたが、その時に判明したのは、女性が実はニカちゃんの母親であるということでした。

障がいを持つ子どもを育てる自信がないという彼女にサラは時間をかけて語りかけ、支援機関や医師を紹介しました。

その後ニカちゃんとその母親は、医師の検診のために定期的に病院を訪れていました。

しかし…

スポンサーリンク