週3回スタバに通う視聴覚障がいの男性→スタバ店員にメモを渡された内容に大号泣…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

皆さんもよく利用するスタバには、色々なお客さんが来ていますよね。

今回は、スタバ店員の神対応を紹介したいと思います。

これを見たら皆さんもスタバに行きたくなるかも!

スポンサーリンク

世界中どこででも美味しいコーヒーが楽しめるスターバックス。

店員のサービスやホスピタリティもクオリティも高いですよね。

アメリカのバージニア州に住むIbbyさんは、そんな店員のホスピタリティに大感激したそうです。

いったいどんな感動な話なのでしょうか?

 

女性店員からのメモ

実は、Ibbyさんは聴覚障がい者。

週に3回訪れるスターバックスでは、携帯電話に注文を打ち込み店員に見せるそうです。

そんなある日、Ibbyさんは馴染みの女性店員から1枚のメモを受け取ります。

そのメモを読んだIbbyさんは感激のあまり、メモの写真とその時の気持ちをFacebookに投稿します。

「あなたが他のお客さんと同じく快適に過ごせるようASL(手話)を学んでいます。」

スポンサーリンク

女性店員さんは、いつも来店してくれるIbbyさんのため、手話を学んでいてくれたんですね。

そして彼女は、Ibbyさんに手話でこう語りかけました。

「ご注文の品はお決まりですか?」

Ibbyさんは、この信じられないようなホスピタリティに、こんなコメントをしています。

「私の耳が悪いことを知り、私のために手話を学んでくれたなんて、信じられない・・・」

スターバックスの店員が、一人のお客様のために手話を習う。

とっても素敵なことですよね。

そして、こんなホスピタリティは、やはりスターバックスならではという感じがしますよね。

Facebookに投稿したコメント欄にも称賛の声などがありました。

 

ネットの声

  • 「スタバは他のカフェとは何かが違う!」
  • 「気がきくスタッフが多いね。研修の教育がかなり良さそう」
  • 「学生のバイトの子ですらちゃんとしてて気持ちがいいね」
  • 「神対応すぎるな。感動したわ(泣)」

などの声がありました。

IbbyさんがFacebookに投稿したことで、海外メディアなどで報じられ話題になりました。

この話で、皆さんの中に何か感じるものがあれば私たちも嬉しく思います。

出典:metro

 
スポンサーリンク