人工肛門をつけた16歳の少年。SNSで投げかけた「お願い」に言葉を失う…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

病気が原因で、人工肛門をつけることになった16歳の少年。

「『オストメイト』って知っていますか?」

少年が投げかけた「あるお願い」に、言葉を失う…。

スポンサーリンク

16歳の少年が人工肛門をつけることに

突然ですが、皆さんは『オストメイト』という言葉を知っていますか?

あまり聞きなれない言葉かと思います。

病気や事故などによりストーマを持っている人のことを『オストメイト』と呼びます。

ストーマとは、腹部などに造られた便や尿の排泄口・・・つまり人工肛門人工膀胱のことをいいます。

オストメイトの方は、自分で排泄をコントロールすることができません。

普段は、お腹に専用の装具をつけて便や尿を溜めて、処理をしているそうです。

普段、私たちはオストメイトの方と接する機会がほとんどないため、その大変さは想像もつきません。

そんな中、人工肛門をつけることになったというTwitterユーザー・うさらぎ(@usaragi801)さんが投稿したツイートが話題を呼んでいます。

うさらぎさんは、オストメイトのことを少しでも多くの人へ理解してほしいという思いから、人工肛門とはどのようなものなのか?」を、わかりやすくイラストにして投稿。

すると、多くのユーザーから大反響を呼びました。

その内容とは…

スポンサーリンク

人工肛門ってどのようなもの?

今回の手術で人工肛門を付ける事になりました。

人工肛門を付けている人の事をオストメイトと呼びます。

つけてから困ることもあり、皆様のご理解があると嬉しいなと思い描きました。

知らない人の方が多いと思いますので、ぜひご理解をお願いします。

(@usaragi801) 2016年10月24日

うさらぎさんは、生まれつき大腸の神経が少なく、今まで何度も手術を繰り返されたと言います。

人工肛門は、自分の意思と関係なく排便が行われてしまいます。。。

うさらぎさんは、もし臭いや音に気づいても、何も触れずに無視して欲しいと訴えていました。

また、このような「ブロックサイン」もあるようです。

私たちは、何も不自由なく日常を過ごせています。

しかし、目に見えないところで病と闘っている人もいます。

少しでも多くの人たちへ、あまり知られていないオストメイトという存在、そして彼らの目に見えない苦労を、知ってもらいたいと思いました。

拡散していただければ幸いです。

ネット上の声

  • 前々から思ってたけど、オストメイト対応してるとこが少なすぎると思うの。誰もが困らないように普通にどこでも設置してて良いのではないかと。
  • 分かりやすくて、しかもどこかほっこりする説明ありがとうございます。
  • なんてわかりやすい。最初はいろんな手技とか覚えたりでいっぱいいっぱい。でも手技に慣れてきた時に色んな気持ちが溢れてくる。
  • オストメイトは実際あった事あるけど(施設で)入浴介助するまで気づかなかったくらい臭いは気にならないです!でも専用トイレ少ないよなぁといつも思う。。(通常トイレとは勝手が違う)
  • 外科手術としてはそこまで珍しくもないし結構当たり前のように受けられてる手術なんだけど、まだまだ認知度が低いものだとは思ってる。手術を受ける人達はこの変化を受け入れられない人も多いけど、生きてくためには受けいれなきゃいけないわけで。もっと世間の理解が深まればいいなって思う。
  • パウチつけたまま温泉とかも入れるから、そういう認知も進むといいよね。
  • 便が関わる病気なだけに中々言いづらい病気ですよね。沢山の人が理解して頂けると嬉しいです。私も勉強するまで全く知らなかったし。
スポンサーリンク