妊娠7週半の赤ちゃんの画像をブログに投稿し批判が殺到→炎上の裏にあった両親の想いとは…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

念願の妊娠で夫婦は大喜び…だが思わぬ自体で妊娠7週半で我が子をおろしました。

夫婦は、幼くして逝ってしまった我が子を悼むように、その姿を写真に収めることに…

スポンサーリンク
 

ミンディ・ラエリン・ダニソンさんは、20代後半の時期に、子供を増やそうと計画しました。

ほどなくして妊娠が発覚し、旦那さんと共に喜んだそうです。

しかし、10週を過ぎたころ、買い物中にお腹に痛みを覚えたミンディさんは、そのままお腹の子を流産してしまいました。

僅か7週半で亡くなってしまった子供を悼み、夫婦が取った行動に大きな反響が巻き起こることになったのです。

ダニソンさん夫妻は、幼くして逝ってしまった我が子を悼むように、その姿を写真に収めることにしました。

そして、その画像を自身のブログに公開したところ、多くの非難を浴びることとなり、瞬く間に炎上してしまったそうです。

このような写真は迷惑だと、多くの人は言いました。

しかし、夫婦にとってはかけがえのない我が子なのです。

その気持ちを理解して欲しかったと、後に夫妻は語っています。

スポンサーリンク
 

友人や親戚からの支え

彼らの行動に対して、友人や親戚らは理解をしてくれたようで、二人の間に芽生えた尊い命を尊重

する声も、一般ユーザーには少なからずいたようです。

「なんて尊い命なのだろう」

と、この写真を見たユーザーの一人が言ったといいます。

こうした写真を公開するに当たっては是非が問われていますが、ダニソンさん夫妻は信念を貫くとも言っているようです。

 

我が子を撮る

アメリカでは、水子として亡くなった赤ちゃんの写真を撮る団体があり、記録として残そうと考える人は少なくないようです。

しかし、ダニソンさん夫妻のように公開するというところまでは、と考える人が多数います。

写真として残すことにより、流産による精神的なストレスを和らげようとする行為につながるといいますが、こうした公開する行為に関しては是非が問われそうです…

誰しも我が子を悼む気持ちは理解できるかと思います。

気持ちが悪いという理由で批判する意見も多いですが、ダニソンさん夫妻の気持ちを理解して、子供に対する哀悼の意を示すのも大切なのではないでしょうか?

スポンサーリンク