若者が新宿で集団デモ「最低賃金1500円に上げろ」周囲の反応は…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

4月15日、新宿駅周辺で、若者たちが最低賃金を「時給1,500円」に引き上げることを求め集団デモを起こしました。

ネット上では、このデモに批判が殺到しています。

スポンサーリンク

若者が新宿駅周辺でデモ

4月15日、東京・新宿で、労働問題解決を訴え結成された団体若者のグループ「エキタス」集団デモを起こしました。

エキタスというグループは、大学生など若い世代が中心となり、労働者の最低賃金を「時給1,500円」に引き上げることを求めて運動しているといいます。

集団デモは、新宿中央公園から高層ビル街や、新宿駅、歌舞伎町まで、約1500人1時間もの間、新宿駅周辺でデモを行ったといいます。

彼らは、ラップのリズムに合わせて「学生バイトの賃金あげろ」「貧困叩き絶対反対」「税金使って貧困なくせ」などと訴えかけました。

 

なぜ1,500円?デモに参加した若者たちの思い

デモを行った若者たちは、どんな思いからデモに参加しているのでしょうか?

最低賃金が1,500円に上がったらやりたいことについて問われた参加者は、「病院に行きたい」「将来の不安を払しょくするために貯金したい」「3食とって8時間眠りたい」と、答えていました。

大学院に通う女性は、

防犯面を考慮して住居を選ぶと、生活費も合わせて月々15万円くらいの出費が必要。

最低賃金が1500円になれば、労働時間も短くなって勉強に集中できる。

と、自身の希望を訴えていました。

また、1,500円という金額について若者は、

1,500円は『健康で文化的な最低限度の生活』に必要な最低限の金額です。

1,000円じゃなくて1,500円と言うのは、ちょっと夢があるから。

夢があるというのは(生活の)リアリティーがあるということ。

という考えのもと、1,500円という金額を訴えていると明かしましていました。

彼らが新宿駅周辺でデモを進行中、沿道で見ていた人たちからは賛同の声も寄せられたといいます。

スポンサーリンク

ネットでは批判相次ぐ

しかし、通行人の反応はいいものばかりではありません。

15日、デモに居合わせた人々からはこのような意見も出ています。

「1500円はちょっと高すぎる。上がるに越したことはないけれど、その分、国も豊かにならなければいけないし、難しいと思います」(50代女性)

「こんなことする暇があったら働けばいいのに」(20代の社会人男性)

「ただの負け惜しみにしか聞こえない。低賃金のバイト生活にならないように、ブラック企業と呼ばれる会社にしか勤められない自分にならないように、自分の価値を上げる努力をすることに時間を費やせばいいのに。」(20代女性)

「新宿駅周辺で、こんな人数でデモ…普通に考えて、迷惑ですよね。」(30代女性)

また、SNSを中心にネットユーザーの反応を見る限り、賛同する声は少なく批判が相次いでいました。

 

参照元:http://www.asahi.com/articles/ASK4H46FSK4HUTIL00T.html?ref=gunosy

スポンサーリンク