元妻が息子に「ダウン症の子と遊ぶな」→キレのある息子の返しに思わず涙した…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

大人になっていくにつれ、だんだんと頭が硬く頑固になっていく人も多くいると思います。

今回は、母親が子供の言葉で反省をせざるを得ないキレのある言葉を紹介します・・。

スポンサーリンク

家庭内で上手くいかず、父子家庭で男一人で息子さんを育てた父が子供の運動会で元妻の言動に怒りを感じました…

その時、息子が放った言葉に元妻が涙しながら反省したのです。

息子のキレのある言葉とはいったい…

 

運動会での出来事

これは子供の運動会を見に行った時の話です。

私たちの家族は少々複雑で、妻とは息子が3歳になる時に離婚しました。

息子は私が育てていました。

普段、元妻とは全然会っていなかったんだけど、息子が運動会にお母さんを連れてきてほしいと言われたので、声をかけました。

運動会当日、私たちは普通の家族のように楽しんでいました。

しかし、昼休みの時、息子が友達と遊んでいる光景を見て、元妻がヒドイことを言ったのです。

 

常識ハズレの一言…

息子が遊んでいる友達の一人にダウン症の子がいて、元妻は私に向かって

「なんであんな子と遊んでるの」

と言いだしたのです。

私が呆れて何も言わずに黙っていると、ちょうど息子が帰ってきて、元妻は息子に向かって

「ダウン症のことは遊ばないで他の子と遊びな」

と言いました。

さすがに息子にまで言うのはおかしいと思ったので、元妻に説教しようとしました。

スポンサーリンク

息子の言葉に涙。

しかし、息子が、

「なんで遊んじゃいけないの?あの子は上級生から差別されていじめられているんだよ。だから僕たちが守ってあげるんだ」

と言ったのです。

元妻は、いかに自分がヒドイことを言ったのか理解して、息子に

「ごめんね…ごめんね…」

と涙ながらに言っていました。

我が息子ながら立派に成長しているなと感じた瞬間でした。

 

ネットの声

  • 「旦那は、元妻と別れて大正解だな。」
  • 「ダウン症の子供に偏見持っている大人は死ねばいい」
  • 「これで反省したのか?」
  • 「息子さんは立派な大人になるな。」

などの声がありました。

私たち大人は、子供の頃の純粋な「優しさ・気持ち」を忘れていませんか?

もう一度、あの頃の「優しさ・気持ち」を大切にして人間関係を築いていけたらと思います。

スポンサーリンク