店内を走り回る子共を全く注意しない母親達。見かねた店員は子共に対し…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

ある焼肉屋で子ども達が店内を走り回っていました。

周りの人は迷惑そうにしてますが、母親達は注意すらしようとしません。

すると、見かねた店員が子ども達に対し…

スポンサーリンク

店内で走り回る子ども。親は注意もせず…

最近、「子どもお断り」飲食店が増えていることをご存知ですか?

静かにゆっくりとした雰囲気で食事を提供したいという店側の思いから、小さい子どもの入店を断っているといいます。

確かに、最近は公共の場で騒ぐ子どもをまったく注意しようとしない母親が増えているように感じます。

子どもたちが店内を走り回っていようが、周りに迷惑をかけていようが、子どもたちを注意することもなく野放しにする母親たち、考えものですよね…。

そんな中、ネット上に投稿されたあるエピソードに注目が集まっています。

 

焼肉屋で走り回る子ども達を注意したのは

長野県のある焼肉屋でそれは起きました。

その焼肉屋にはドリンクバーデザートバーが設置されており、そのそばで2人の幼稚園児が走り回っていました。

壊れ物があり、他のお客さんも多く利用する場所で騒ぐ子どもたちに多くの人が迷惑し、危ないと感じていました。

しかし、その子たちの親は、子どもを注意することなくおしゃべりに夢中です。

その光景を見ていたアルバイトの店員さんは、子どもたちを注意するため子どもたちの元に駆け寄り、このように問いかけました。

「プリン食べる?」

すると子どもたちは「食べる!」と大きな声で返事をしたのです。

スポンサーリンク

その店員さんは子どもたちのプリンに、ホイップクリームとフルーツをトッピングしてあげました。

そしてこう言いながら、子どもたちに飾り付けたプリンを渡したのです。

「このプリンゆっくり持っていかないと崩れちゃうから、走っちゃダメだよ。

きれいに盛り付けたプリンだから、お母さんにも見せてあげないとね。」

子ども達はおとなしく店員さんの言うことを聞きます。

さらに続けて、優しくこのように注意したのです。

「このお店には君たちたちと同じように、プリンやジュースを持っている人がたくさんいて、ぶつかると洋服を汚しちゃうから、ゆっくり歩こうね」

 

すると、子ども達に変化が!

子どもたちはプリンを持って、「わかった!」と店員さんに返事をすると、ゆっくりと歩いて母親のいるテーブルに戻って行きました。

そして、みんな行儀よくプリンを食べ終えた後も、お店の中を走り回ることなく席で大人しくしていたといいます。

この店員さんの機転を利かせた注意の仕方によって、子どもたちは「どうして走り回ってはいけないのか」を理解し、走り回ることを辞めたのでした。

おわり

怒ることなく、優しく子ども達を諭した店員さん、GJです!

スポンサーリンク