初詣「ベビーカーは控えて」と要請した寺。差別だとネットで大騒ぎに…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

2017年のお正月、乗蓮寺が「ベビーカーご利用自粛のお願い」という看板を掲示しました。

寺側のやむを得ない事情で出されたのですが、ネットでは差別だと大騒ぎに…

スポンサーリンク

初詣、ベビーカーでの入門禁止?!

2017年のお正月、ネット上ではある話題で持ちきりになっていたことをご存知ですか?

東京大仏で有名な乗蓮寺(東京板橋区)が、大みそかとお正月の三ヶ日に掲示したある看板について、ネットでは議論が交わされていました。

その看板とは、「ベビーカーご利用自粛のお願い」というもの。

ことの発端は、Twitterユーザーのspark@Yonge_Finch)さんが投稿した画像付きのツイートでした。

「何の落ち度もない単に小さい子供を連れたママさんが初詣に来て、

これを見て嫌な気持ちになると想像できないだろうか。

なら松葉杖の人も、車椅子の人も足の悪い高齢者も、視覚障害者も全部遠慮しろと?」

「ベビーカーご利用自粛のお願い」

年末年始は境内混雑のため後入門をお断りする場合がございます。

このツイートはまたたく間に拡散され、ネット上では「ベビーカーだけを自粛にするのは差別だ」などと抗議の声が。

著名人らもこのツイートに対して反応し、差別や少子化問題にまで議論が広がっていきます。

 

著名人が次々とツイート

怒りのツイートを見た「五体不満足」の著者である乙武 洋匡(@h_ototake)さんは、次のように胸中を明かしました。

『混雑時のベビーカーは自粛すべきだ』という意見を耳にするたび、車椅子も同じように思われているのだろうと肩身の狭さを感じる。

不寛容な社会になればなるほど、『生きづらさ』を感じる人が多くなっていく。

誰かを排除することは、「次に排除されるのは自分かもしれない」というリスクと表裏一体。

また、東京都議会の音喜多駿議員はこの騒動について「初詣ベビーカー論争」と名付け、自身のブログで持論を発信していました。

「少子化の最大の原因は、わが国が『子どもを産めば産むほど不自由になる社会』であることだと考えています」

スポンサーリンク

寺側の真意とは?なぜベビーカーを自粛としたのか

一方的に責められ続けた寺側ですが、寺側には看板を出さなければいけない理由がありました。

実は、乗蓮寺は2年前まで、ベビーカーや車椅子での参拝を優先させていました。

ところが、思わぬトラブルが起こってしまいます…。

ある参拝客らが、ベビーカー1台に対しファミリーが5人、10人と付いてきて専用通路を通り始めたのです。

混雑時には、お参りするまで1時間ほど待たなければなりません。

この非常識ともとれる参拝客を見た人々からは、「不公平だ!」とクレームが相次いだそうです。

そして、「ベビーカーがあれば優遇される寺」ということが悪い意味で知れ渡ってしまい、小学校高学年ぐらいの子どもをベビーカーに乗せて現れる親すら出てきたといいます。。

これらの事情や、「警察からの要請」もあり、「ベビーカーご利用自粛」の看板を出すことになったと、お寺の方はいいます。

「あくまでも事故を回避するために設けた看板です。

『自粛のお願い』という表現だけでなく、もう少し説明を付けて、理解していただけるようにするべきだったのかもしれません」

ネット上で、今回の件が「差別」や「少子化」問題まで発展するとは想像もつかなかったことでしょう…。

この寺側の事情を知ると、考えが変わりますよね。

寺側、そして多くの人々の様々な意見がありますが、あなたはどう感じましたか?

スポンサーリンク