育児に疲れ子どもを怒鳴ってしまった私。長女の一言がずっと頭から離れない…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

3人の子どもを持つ女性が育児疲れがピークに達していた時のこと。

長女にキツく当たったことを今でも後悔しているといいます。

大泣きした長女が言ったある一言とは…

スポンサーリンク
 

ネットの掲示板に投稿された、あるエピソードに注目が集まっています。

この書き込みを見た子育て中のお母さんからは、多くの反響がありました。

投稿者の女性は、3人の子どものお母さん。

ある日、育児疲れから長女にキツく当たってしまったようなのですが…。

 

長女から学んだ本当に大切なもの

この経験は、私にとって強い後悔と反省が入り混じる、心苦しいものです。

しかし忘れてはいけないという自戒と、同じ様な状況にいる人に少しでも共有したく、綴っています。 

私には3人の子供がいます。

6歳の長女3歳の長男1歳の次男です。

長女と長男の育児の経験もあり、次男の子育てが一番余裕を持って接せれると思っていたのですが…。

家庭の事でやることも膨大にあり、正直一番苦労をしながら家事と育児に奔走していました。

旦那にもできる範囲で協力はしてもらっていてとても感謝しているのですが、いつしか段々と余裕がなくなっていって、次第に家庭の中でギスギスとした雰囲気を出してしまっていたように思います。 

そんな中、いつしか長女に、たくさんのことを求めるようになってしまいました。

家事の手伝いに長男の面倒見と、学校に入ったばかりにも関わらず、どこか長女に頼るようになる私。

それも感謝の気持ちよりも正直出来ないことに対しての「苛立ち」の方が大きく、長女への口調も少しずつ厳しくなってしまっていました。

 

ある日、学校から帰ってきた長女に、散らかっていた部屋の掃除を頼みます。

しかしそこで、テーブルにおいてあったコップを長女が落とし、割ってしまいます。

 

スポンサーリンク