親のせいで盲腸で死にかけた。手術後、麻酔から目覚めると目の前で修羅場が…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

病院で「盲腸」と診断された男子中学生。

中間テストを控えていたため、親の願いから手術を先延ばしにしたのですが…。

手術中、予想外の事実が判明しました…

スポンサーリンク
 

盲腸で死ぬことってあるの?

ただの腹痛と間違われ、我慢してしまいがちな「盲腸」

「盲腸で死ぬなんて…」と、思う方がほとんどかと思いますが、実際に死に至るケースもあります。

現在、盲腸による死亡例は0.3~0.9%とごく稀ではありますが、ゼロではありません。

盲腸は、時間の経過とともに急速に悪化していきます。

我慢して放置した場合、およそ24時間で虫垂が破裂する可能性があり、48時間でおよそ80%の患者の虫垂が破裂してしまいます。

破裂してしまう前に、きちんとした治療を受けられるかどうかが命に関わってくるんです。

そんな盲腸にまつわる、ネットの掲示板に投稿された、ある男性の盲腸で死にかけたというエピソードが話題を呼んでいます。

 

下腹部に激痛が。病院に行くと…

男性が中学生になったときのこと。

下腹部に凄まじい痛みを感じたので、学校を早退し近くの医院を受診することに。

お腹の右下が痛み出すと、虫垂炎であることを知っていた男性は、てっきり「これは虫垂炎(盲腸)だ…」と思っていました。

ところが、盲腸とは診断されませんでした。

痛み止めの点滴だけで帰宅となりましたが、未だに痛みは長引いていました。

そのうち、男性の弟さんが偶然にも虫垂炎にかかり、入院し手術することに…。

弟の様子を見ていた男性は、何となく言い出せなくなり、我慢していたのです。

しかし、我慢は長くは続きませんでした。

そして、3日後・・・

スポンサーリンク