もっと広がって欲しい「SNSで手のひらに黒い点」→その意味に込められた訴えが胸に刺さる…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

女性がインターネット経由で「手のひらに黒い点」を描いて何かを訴えたようとしてました。

私たちは、その意味と向き合わなければいけません…

スポンサーリンク

女性が取った行動

一人の女性が、絶望的な状況に立たされ、ある日ネットで少し変わった運動について知りました。

彼女は、半信半疑でいたものの、すぐに写真を撮り、ソーシャルワーカー宛に送りました。

すると次の日、玄関先に警察官がきました。

彼らはためらうことなく彼女の夫をその場で逮捕したのです。

彼女には4人の子供がいます。

そして彼女は、人生を支えあって生きていくはずの夫から殴られるなどのDV(ドメスティック・バ
イオレンス)を受けていました。

この長い苦しみに終止符を打つきっかけになったのは、あるイギリス人女性が始めた運動でした。

自らが、DV被害者であった運動の創設者の女性は、DV被害者が、無言でも、誰かに助けを求める事ができる画期的な方法を思いついたのです。

その方法が先ほど紹介した、手のひらに描かれた黒い点だったのです。

 

スポンサーリンク

サインの目的

このサインは下記のことを目的としています。

1. 緊急時や危険な状態にいる時に周りに無言で被害にあっていることを訴えることができる。

2. 助けを必要としているのに声をあげられない犠牲者に、周りが気づくことができるというもの。

DV被害者の多くは、恐怖心から助けを求めることすらできない状況にあることが多いです。

自分や子供たちをさらなる危険にさらすのではないかという恐怖感が、妨げになっている場合や、世間の目や体裁を気にして、通報できないという現実もあります。

「ブラックドットキャンペーン」と名付けられたこの運動を始めたイギリス人女性は、運動の創設
にあたり、匿名で、

「多くの人は助けを求められる相手を持っていません。彼らは無言のまま苦しんでいるのです」

と切実に訴えました。

この運動を通じて暴力夫から無事解放された女性は、このように語っています。

「何千回も感謝の気持ちを伝えたいです!手のひらに描いた小さな点が、私の人生を救ってくれました!」

このシンプルかつ効果的な方法は、現在世界中に広がり始めています。

その中には女性だけでなく多くの男性DV被害者もいるそうです。

実に、女性の4人に1人が、人生の中でDVの被害を受けると言われており、その6割が家庭内で発生しています。

今でもその苦しみから抜け出せない人を一人でも、その苦しみから、解放させてあげるためにもこの運動をシェアして広めて下さい。

この方法も、DVをしている当事者に知られてしまっては、逆に危険なのかもしれませんが、困っている人たちの助けになればと思います。

スポンサーリンク