孫の16歳の誕生日にお爺さんに3冊のノートを貰った→ノートを開いたら涙が止まらない…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

お爺さんは、孫の成長する姿を子供の成長と重ねて見る事ができ、とても幸せな気持ちになります。

そんなお爺さんが、孫のためにある事を3冊のノートに記録していました…

スポンサーリンク

誕生日プレゼント

ある16歳の少女が誕生日プレゼントで、お爺さんから貰った3冊のノートをTwitterで投稿したところ、多くのユーザーが「素敵なお爺さん」とコメントが寄せられました。

投稿したのはローレン@renblankkさん。

16歳の誕生日を迎えたローレンさんは、お爺さんにプレゼントを手渡されました。

それは、表紙に自分の名前が書かれた

『LAUREN BOOK(ローレン ブック)』

という3冊のノート。

それぞれ番号がふられており、中にはびっしりと「あるもの」が記録されていたのです。

ローレンさんは

「いったいなんだろう」

と思いながらも1冊ずつノートを開きました。

 

3冊のノートに涙

ノート一面に、細かく書かれた大量の文字。

そこには、2歳から5歳までの3年間、お爺さんがローレンさんと過ごした思い出が綴られていたのです。

2003年2月16日

「ローレン。いつの日か、君に楽しく読んでもらえるように日々の記録を書き始めたよ。

君と僕の思い出になるように」

3冊のノートの中身を見ると、びっしりと思い出が綴られています。

2歳から5歳の時におじいちゃんと遊んだ記憶。

皆さんは覚えていますか?

はっきりと覚えている人は少ないと思います。

孫のために成長の思い出と共に綴ってくれた3冊のノートからお爺さんの「愛情」を感じますね。

このノートを読みローレンさんはTwitterでこのように語っています。

「誕生日に、おじいちゃんが3冊のノートをくれたの。

2歳から5歳の頃の私が、おじいちゃんと一緒に過ごした日々のことを書いてあるんだって。

感動して言葉が出ないわ」

ローレンさんがこの出来事をTwitterに投稿すると、多くのコメントが寄せられました。

 

ネットの声

  • 「きっとこれは、人生最高の贈り物に違いないわ。あなたのおじいちゃん、最高ね!」
  • 「リアルに涙が出た…。」
  • 「素敵!素敵すぎる!私は、あなたのおじいちゃんが大好き!」
  • 「あなたのおじいさんは、本当に素敵!」

などの声がありました。

お爺さんに、こんなに愛情がつまったプレゼントをもらったらたまりませんね。