15歳で出産を決意。その時贈った母の言葉→20年後、その言葉の意味が心に響いた…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

15歳という若さで妊娠し、彼氏とも直後に音信不通、、

そんな壮絶な渦中で母親が送った意外な言葉とは??

20年後、その真の意味を理解することになる、、、

スポンサーリンク

15歳で妊娠してしまった女の子

10代のうちに若くして妊娠してしまい、
中絶や中には産んでも育てられずに虐待をしてしまうニュースは後を絶ちません。

しかし、今回ご紹介するエピソードは10代で妊娠したにもかかわらず、
立派にお子さんを育て上げた母親のお話です。

これは私が高校1年生の時のお話です。

当時は学校も楽しく、毎日が充実していました。
お付き合いしている男性もいて何もかもが楽しかったのを覚えています。

ところがある日、私の生活が一変してしまうのです。

生理も来ず、毎日生理のような症状が続いているので、
おかしいと思い、お医者さんに診てもらったらなんと妊娠していたのです。

当時お付き合いしていた男性との間に子供を授かっていたのです。
妊娠が発覚した時、私は2ヶ月目だということがわかりました。

なんと。15歳で妊娠してしまった女性。

この後一体どうなってしまうのでしょうか?

 

彼氏が音信不通に。。。

お父さんになるはずの彼氏と一切連絡が取れなくなってしまうのです。

お付き合いしていた男性とは違う高校だったのですが、
私が妊娠したことを告げると、急に音信不通になってしまいました。

彼と全く連絡が取れないので、仕方なく彼の家に出向いてみると・・・
家では「彼は居ない」の一点張りで門前払いを食らってしまいました。

おそらく私の妊娠の事実は親御さんには伏せていたに違いありません。

お腹に子供ができたので産ませてください

と言おうか迷いましたが、
男性が信用できなくなってしまい、気持ちも冷めてしまったので
もうそれ以上は言わないことにしました。

そんな男性の子供でもお腹に宿った我が子を愛していました
とても愛おしく、早く会いたい気持ちでいっぱいでした。

中絶なんてしたくない・・・産みたい・・・
という気持ちが強くなっていました。

スポンサーリンク