解ければIQ150以上の天才!とある知能テストが全世界で話題に

\ニュートレに『いいね』お願いします/

ある「IQテスト」がSNSを通じて、世界中から注目を集めています。

この問題が解ければIQ150以上の天才とのこと。

その問題がこちら!

スポンサーリンク
 

この問題が解ければIQ150以上?!

テレビやネット上でたまに見かける「IQテスト」

IQとは知能指数といい、人間の知能の基準を数値化したものです。

IQが高ければ高いほど知能が高く、東大生の平均IQは120程度を言われています。

そんなIQを測るテストが、SNSを通じて世界中から話題を集めています。

この数式はある法則によって成り立っているのですが…

解ければIQ150以上の天才の可能性があると噂さされています。

ぜひチャレンジしてみてください!

問題:以下の等式の法則から、??に当てはまる数字は何か。

「?+??=123」この??の部分に当てはまる数字は何か。という問題。

みなさん、この法則を見破れましたか?

ちなみにヒントはこの公式です。

ヒントを与えられてもさっぱりわかりません…なかなか難しい問題ですが、わかりましたでしょうか?

気になる解説と回答は以下の通りです。

【解説】この等式にはある法則があった!

この画像の通り、色のついている数字にある法則がありました。

まず、画像の青色部分「数式の数字を足した数字」

そして、前半の緑色部分「数式の数字を引いた数字」が当てはまっていますよね。

これらの現象を、XとYを使って説明すると…

と、なります。

この法則さえわかれば、問題を解くことが出来ます!

では、実際の回答を見ていきましょう。

スポンサーリンク
 

この問題の答えは…

・等式の右辺は左辺を引いたものと足したもので分けられる(6 + 4 = 210 なら 6 – 4 = 2 と 6 + 4 = 10 の 2 と 10 を組み合わせたもの)。

・したがって x + y = (x – y) | (x + y) が成り立つ。

・最後の等式の 123 を2つに分けると 1 と 23 になる。

・以上から
x – y = 1
x + y = 23
2x = 24 よって x = 12
12 + y = 23 よって y = 11

・あるいは 123 を 12 と 3 に分けるのも可。
x – y = 12
x + y = 3
2x = 15 よって x = 7.5
7.5 + y = 3 よって y = -4.5

答え:?=7.5 ??= -4.5

いかがでしたでしょうか?

この問題をノーヒントで、2つの解答を導き出せた方。

あなたはIQ150以上の天才的頭脳の持ち主の可能性がありますよ!

スポンサーリンク