認知症の妻を介護する88歳の夫「正直つらい。それでも一緒にいたい」

\ニュートレに『いいね』お願いします/

ある日突然、73年間連れ添った妻が認知症を発症。

それから6年間、妻の介護を続ける88歳の夫は「正直つらい。それでも・・・」

スポンサーリンク
 

73年連れ添った妻が認知症に

イギリス、リヴァプールに住む88歳のトミー・ロシターさん。

彼は15歳の頃、妻・ベッシーさんと運命の出会いを果たしました。

付き合った歳月も含めて、73年間一緒にいるロシター夫妻。

3人の子どもと、8人の孫、ひ孫が9人も生まれ、幸せに暮らしていました。

しかしある日、妻のベッシーさんの様子がおかしいことに気が付きます。

 

今から6年前のこと

その日は、突然訪れたといいます。

今から6年前のこと、ヨークシャーに出かけた日のことです。

いつもは穏やかなベッシーさんが、突然極度の興奮状態になったのです

翌日、病院に行き診察してもらうと、

そして、医者からはこう告げられました。

「残念ですが、ベッシーさんは認知症です。」

なんと、妻は「認知症」と診断されてしまいました。

まさか妻が認知症になるなんて・・・。

トミーさんは想像もしていなかったといいます。

そして、ベッシーさんの介護生活が始まったのです。

スポンサーリンク