歯磨き粉には人体へ悪影響を及ぼす化学物質があった…あなたは、それでも使い続ける勇気ありますか?

\ニュートレに『いいね』お願いします/

綺麗好きな日本人は、毎日といっていいほど歯磨き粉を使って歯磨きをします。

その毎日使っている歯磨き粉に人体へ悪影響を及ぼす化学物質があっても使い続けますか?

スポンサーリンク
 

歯磨き粉は人体へ悪影響を及ぼす!?

キレイ好きな日本人はもちろん歯磨きも大好き。

1日3回どころか、気が向いたら歯磨きなんて人もいるのではないでしょうか?

しかし、もしも歯磨き粉に有害な化学物質が多数含まれているとしたら・・・

あなたは、それでも使い続ける勇気がありますか?

出典:Google画像

例えば、多くの歯磨き粉に入っているサッカリンという甘味料。

年配の方なら分かると思いますが、サッカリンは食物への添加が禁止されたいわく付きの化学物質なのです。

なぜ、歯磨き粉にそんな化学物質が含まれているのかと言えば、歯磨き粉が医薬部外品という扱いだからです。

つまり、「食品ではない」という理由で歯磨き粉に添加されているのですが、口の中の粘膜は吸収率が高く、飲み込まなくても体内に入ります。

とても危険と言えるでしょう。

この話だけ聞いても怖くなりますが、実は歯磨き粉にはもっと怖い話があるのです。

スポンサーリンク