結婚式を目の前に起きた原因不明の病…しかしその8年後に奇跡が起きた…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

ずっと夢であった結婚式、新婦のウェディングドレス姿を見て笑みがこぼれる新郎。

だったはずが新婦が突如原因不明の病に…そしてずっと眠り続け8年がたった…

スポンサーリンク
 

「結婚式」、女性の方でしたらいつかは好きな人と盛大に祝いたいと思います。

ある1組のカップル夫婦が結婚式を間近に控えてました。

新郎の西澤尚志さんと新婦の中原麻衣さん。

2人は、友人の紹介をキッカケに知り合い交際に発展、付き合い始めから2年目の記念日に結婚を決意しました。

それから半年後の2007年3月、岡山市の「アヴェール迎賓館」で結婚式を挙げる予定でした。

ところが、突如、中原麻衣さんに異変が…

 

結婚式を3ヶ月後に控えたある日…

 

突然、新婦の中原麻衣さんを謎の病気が襲ったのです。

その日何をしていたかも思い出せず、夜になると何かに怯えるようになり叫び声を上げることもあったといいます。

原因もわからないままに精神科に入院することになった中原麻衣さんを、さらなる悲劇が襲います。

病院に入院している最中、突然中原麻衣さんの心臓が停止、急遽、大学病院へと搬送されることになりました。

人工呼吸器でなんとか命を繋いではいましたが、いつ目を覚ますかわからない状態に陥ってしまったのです。

新郎の西澤尚志さんは、結婚式の保留を式場に告げました。

 

キャンセルではなく保留した結婚式

意識不明の中原麻衣さんのもとに、西澤尚志さんは毎日お見舞いに行き、硬直する手足をマッサージしてあげたといいます。

そして、中原麻衣さんが意識不明の状態になってから5ヶ月後のことでした。

中原麻衣さんを襲った病気が卵巣奇形腫による辺縁系脳炎だとついに判明したのです。

この病気は卵巣に腫瘍ができることによって、体が異物を排除しようと働いたことで脳に何らかの異常が生じたのではないかと考えられたのです。

そこで、卵巣に出来た腫瘍を切除する手術後行われたのですが、何ヶ月たっても中原麻衣さんの意識が戻ることはありませんでした。

中原麻衣さんが意識不明に陥ってから1年が経過したころでした、目を覚ます気配のない娘の新婦・西澤尚志さんに中原麻衣さんの母親が

「もう別の人を見つけて」

と告げたそうです。

これに西澤尚志さんは

「傍にいさせて欲しい」

と頼んだといいます。

 
 

識不明だった新婦に奇跡が!

そんな長い眠りについた中原麻衣さんに変化が訪れました。

なんと、入院から529日目でついに目を覚ましたのです。

しかし、モノを目で追うことは出来ても話が出来ず、意思疎通も不可能な状態だったのです。

それでも西澤尚志さんは病院に通い続け、献身的な介護を続けたそうです。

その努力と願いがようやく届いたのか、西澤尚志さんがいつものようにマッサージをしていると、ふいに中原麻衣さんが笑顔を浮かべたのです。

それからはみるみる回復し、入院から1555日目で退院しました。

そして、結婚式を挙げる予定だった2007年から8年後についに西澤尚志さんと中原麻衣さんは結婚式を挙げることができたのでした。

これは、2人の愛の奇跡と言ってもイイのではないでしょうか。

これからもお幸せに。