テロで両親を亡くした3歳の少年。憧れのC・ロナウドと対面したら…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

自爆テロにより、両親を亡くした3歳の少年。

彼は、クリスティアーノ・ロナウド選手の大ファンでした。

そのこと知ったロナウド選手は・・・

 
 

自爆テロで両親を失った3歳の少年

2015年11月12日、その事件は起きました。

その日、レバノンの首都「ベイルート」で起こった自爆テロにより、240人以上の負傷者と、43人の尊い命が奪われてしまいました。

このテロにより、両親を亡くした3歳の男の子ハイダルくん

ハイダルくんはこの日、体と心にとても深い傷を負いました。

そんなハイダルくんを気にかけていた、ある人物がいます。

その人物とは、女性ジャーナリストであるラナ・ハルビさん。

ラナさんは、ハイダルくんを何らかの方法で励ましたいと考えていました。

そんな時、ハイダルくんがサッカー界のヒーロー、クリスティアーノ・ロナウド選手の大ファンであることを知ります。

すると、彼女はツイッターである「お願い」を投稿しました。