失ってからでは遅い…母の弁当を毎日捨てていた私は母の死後、母の日記を見て涙した。

\ニュートレに『いいね』お願いします/

学生の頃、母親が毎日欠かさず作ってくれたお弁当。

そんな母が一生懸命作ってくれたお弁当を見栄えが悪い、友達に見せるのも恥ずかしいと言う理由で、毎日捨てていた…

 
 

思春期のころ、親の愛情や気遣いがウザいと感じたこと、ありませんか?

それが当たり前だと思っている人、ぜひこれから紹介する話を読んでください。

きっと涙が止まらなくなりますよ。

 

母が作ってくれたお弁当

私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、母の作る弁当は本当に汚くて質素で見映えの悪い物ばかりだった。

友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂に行き、お弁当はゴミ箱に捨てていた。

すると、ある朝母が…

ある朝母が

「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」

と私に言ってきた。