天国にいる双子のお墓に話しかけ続ける少年。その姿に思わず涙する…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

ある日、アメリカに住むウォーカーくんは、幼稚園に入園しました。

幼稚園が終わると、ウォーカーくんは真っ先にある場所へと向かいました。

その場所とは…

 
 

大好きな双子の兄弟は…

アメリカに住む9歳のウォーカーくんには、ウィリスくんという双子の兄弟がいました。

ですが、ウィリスくんは『双胎間輸血症候群』という病気により、産まれることなくお母さんのお腹の中で亡くなってしまいました。

双胎間輸血症候群(通称:TTTS)

一卵性双胎児が胎盤を共有した状態(一絨毛膜双胎)のときに起こる、特殊な病気です。

通常は、共有している胎盤で、つながっている血管を通じて、互いの血液がバランスよく流れているため問題がないのですが、このバランスが崩れたときTTTSが発症してしまうそうです。

日本でも承認されているレーザー治療では、83.0%で双子のうち少なくとも1人が生存し、55.6%では2人とも生存するようです。

彼は、真っ先にある場所へ向かいます。

そこは、亡くなったウィリスくんのお墓。

https://www.facebook.com/Walkerandwillisbirthdaywalk/photos/a.141288312748001.1073741827.141279002748932/141288316081334/

お墓に寄りかかりながら、天国にいるウィリスくんへ、初めて幼稚園に行ったことを話しました。

今でも、ホリデーシーズンには家族でウィリスくんのお墓を訪れるといいます。

ウィリスくんのことが大好きなウォーカーくん。

ウォーカーくんと家族のその思いは、天国にいるウィリスくんに届いていることでしょう。

ネット上の声は

  • 泣ける…
  • 兄弟愛に思わず感動してしまった。
  • ウィリスくんも天国できっと喜んでるよ!!!
  • ウォーカーの思いは、ウィリスくんに伝わっていると思う。
  • いつも喧嘩ばかりだけど…兄弟を大事にしようと思った