厳格な父が大切にしてた金庫の鍵を開けたら…→金庫の中身で大号泣した家族の物語。

厳格な父が大切にしていた古びた金庫。

家族全員、金庫の中身を誰も知らなかった。

そんな父が亡くなり、遺品整理の為に鍵屋に金庫を開けてもらうと…

父が亡くなった…

親父には大切にしていた金庫があって、お袋も早くに死んじゃってから、誰もその金庫の中身を知らなかったんだ。

我が家は三人兄弟。

遺品整理のために、とりあえず兄弟家族みんな呼んで、その金庫をあけることにしたんだけど、これがまた頑丈でなかなか開かないんだよ。

てか、開け方知らないし・・・

仕方ないから鍵屋を呼んで開けてもらうことにしたんだけど、古いせいかなかなか開かなくてさ。

待っている間暇だったから、俺たちは何となく昔の話をし始めたんだ。

親父はとにかく「厳格で頑固者」

俺たちの前で笑ったことなんて、一度もなかったんじゃないかな。

子育てもお袋に任せっきりで、ガキの頃は正直親父が大っ嫌いだった。

それで、三男が

「そんな親父だからしこたま貯めこんでじゃねぇか?」

って。

次男も

「親父が夜中に金庫の前でニヤニヤしながらガサガサやってんのを見たことあるぞ」

なんて言うもんだから、皆へんな期待をしてたんだ。

そんな昔話をしていたら、鍵屋が

「カギ、開きましたよ」

って。

次ページで、「金庫の中を見た三兄弟は…」をご紹介します!