妊娠7週半の赤ちゃんの画像をブログに投稿し批判が殺到→炎上の裏にあった両親の想いとは…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

念願の妊娠で夫婦は大喜び…だが思わぬ自体で妊娠7週半で我が子をおろしました。

夫婦は、幼くして逝ってしまった我が子を悼むように、その姿を写真に収めることに…

 

ミンディ・ラエリン・ダニソンさんは、20代後半の時期に、子供を増やそうと計画しました。

ほどなくして妊娠が発覚し、旦那さんと共に喜んだそうです。

しかし、10週を過ぎたころ、買い物中にお腹に痛みを覚えたミンディさんは、そのままお腹の子を流産してしまいました。

僅か7週半で亡くなってしまった子供を悼み、夫婦が取った行動に大きな反響が巻き起こることになったのです。

ダニソンさん夫妻は、幼くして逝ってしまった我が子を悼むように、その姿を写真に収めることにしました。

そして、その画像を自身のブログに公開したところ、多くの非難を浴びることとなり、瞬く間に炎上してしまったそうです。

このような写真は迷惑だと、多くの人は言いました。

しかし、夫婦にとってはかけがえのない我が子なのです。

その気持ちを理解して欲しかったと、後に夫妻は語っています…。