【無償の愛】両親が共働きでおじいちゃんが孫娘である私の面倒を見てくれていた。そんな私がおじいちゃんの介護をしたら、おじいちゃんは...

孫の私がおじいちゃんの介護をしたら...②

ある日、家に私とおじいちゃんの二人きりになった。

おばあちゃんが倒れてしまい、母と兄は病院、父は会社から病院へ直行したからだ。

おじいちゃんと留守番をしていると、申し訳なさそうに

「ももちゃん、悪いんだがトイレに…」

と言った。

私は本当に馬鹿だなって思った。

一人じゃ行けないのを知っていた癖に、気が付いてあげられないなんて。

孫、それも女の私には言い辛かっただろうなって。

トイレに行くとパンパースが小と大で汚れていた。

沢山、我慢させてしまった。

私はおじいちゃんの気を逸らそうと、学校であった笑い話を精一杯明るく話した。

お風呂場で体を洗い、パンパースを付けてホッとした。

同時におばあちゃんは毎日これをしているんだと思うと、何とも言えない気持ちになった。

次ページで『孫の私がおじいちゃんの介護をしたら...③』をご覧ください!