ダウン症の子に『おい!のろま』と叫ぶお客…隣にいた店員が取った行動に賞賛!

\ニュートレに『いいね』お願いします/

障害を持っている人は、働き先がなく困っている人も中には居ますが、会社側で積極的に採用している所もあります。

今回は、ダウン症の子が働いているスーパーでの出来事です。

 
 

前置きで少し皆さんに伝えたい事があります。

ダウン症の子は記憶力が悪い、何を言っているのか分からない、行動が謎、などネットで調べると様々な言葉が出てきます。

ただ、ダウン症の子に限らず『伝え方』が他の人とは違うだけで、何かしらのジェスチャーなどをしています。

私たちは、そのことをもっと知るべきではないかと思います。

では、本題に…

とある海外の大型スーパーで、近くには大学の寮などがあり多くの大学生が利用をしており、今回その出来事に巻き込まれた女子大学生の一人がいます。

そのスーパーでは、ダウン症の子が一生懸命働いており、その子の仕事は、レジでお会計をした商品をレジ袋に詰める仕事でした。

ある日、その女子大生がダウン症の子にレジ袋を詰める際に起こった出来事です。

この出来事は、女子大生が自ら海外メディアを通した事で、話題になり賞賛されました。

その出来事をエピソードで語ってくれています。