なぜ天皇陛下が訪問先で毎回『カレーライス』を希望する理由とは!?

なぜ天皇陛下が訪問先で毎回

『カレーライス』を希望する理由とは!?

知られざる皇室のお食事

日本国を象徴する天皇陛下は食事の内容にも

とても気を使われているそうです。

では、天皇陛下が普段、どのような食事を

されているのかを知っている人は少ないのでは

ないでしょうか。

天皇陛下のお食事を作っているのは宮内庁大膳課の

職員の人達で、「配膳」、「調理」、「経理」、「食器」

と言った具合に担当が分かれているのだそうです。

さらに調理には「和食」、「洋食」、「菓子」、「パン」

そして「東宮御所のお食事」と担当が決められているそうです。

そこで気になるのが食材です。

宮内庁総務課報道室によると

御料牧場では、トマト、レタス、キャベツなど約20種類の野菜を栽培し、

化学肥料や農薬の使用は最低限にとどめています。

平成29年1月現在、乳牛32頭、鶏792羽、豚58頭、めん羊355頭を飼育。

放牧や平飼いでストレスを与えない飼養管理です。

生産品には、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品や、

鶏卵、鶏肉、羊肉、ハム、ソーセージなどがあります

出典元:宮内庁

一般人と同じようにスーパーで買い物するということはなく、

肉や野菜などは主に栃木県の御料牧場で生産しているそうです。

続きは次ページでご覧ください♪