【惨劇】家族全員を事故で失い数億円の金が入ったので無職になった男性。その真相とは・・・

【惨劇】家族全員を事故で失い数億円の金が入ったので無職になった男性。その真相とは・・・

「会社辞めてきた」

と自らスレを立ててネット掲示板に現れた男性。

最後の出勤日の夜勤を終えて、今日から無職の仲間入りだといいます。

家族を失いお金だけ残った男性が語る真相①

「もう一生仕事する気がない」という男性。

その理由は36歳で資産が数億円だから。

遺産でも転がり込んできたのか、

投資で増やしたのか、

あるいは宝くじでも当てたのか・・・

誰しもがそう思ったかもしれません。

しかし男性が無職になってするのは

「嫁と子供の菩提を弔う」

と言います。

そこでお金の理由がただならないものだと感じ、

詳しい説明を求めると、男性は詳しく語りだしました・・・

最初に書いたのは「嫁と子供の菩提を弔う」の意味でした。

俺(35)無職
嫁(36)死亡
娘1(3)死亡
娘2(2)ry
嫁父ry
両親ry

それは1年前の春、転勤で県外に異動したときのこと。

急な転勤で俺が先に赴任して、

1ヶ月後に嫁と子どもたちが引っ越す予定だった。

車でないと不便な田舎だったから、

嫁と子ども、嫁父、俺の両親で車で新居に来ることになった.

親も新居を見てみたいし、

下の娘がまだ1歳だったので手伝う意味もあったようだ。(嫁母は10年前に他界してる)

その日俺は休日出勤(夜勤)で、

夜勤明けの明日は久しぶりに子どもたちと遊べるのを楽しみにしてた。

でも到着予定の昼どころか夜になってもメールが来ない・・・

すると鳴ったのは会社の電話。。。

次ページで『家族を失いお金だけ残った男性が語る真相②』をご覧ください!