【感動】マクドナルドで32年間働いたダウン症の女性⇒退職を伝えると信じられない事態が…。

マクドナルドで32年間働いたダウン症の女性。

退職を伝えると信じられない事態に言葉を失う…。

マクドナルドで32年間働いたダウン症の女性

1984年から32年間もマクドナルドでフライドポテトの調理を担当していた、フレイア・デイヴィットさんという女性がいました。

彼女は、現在52歳でダウン症の女性だったのです。

フレイアさんがマクドナルドで働き始めた頃は、彼女がうまく仕事をこなせるのかと母親は心配をしていました。

しかし、フレイアさんはこの仕事が大好きになります。

そして、母親の心配とは裏腹にフレイアさんの仕事への姿勢は、多くのお客さんから評価されていました。

しかし、2016年に入ってから、フレイアさんは物忘れが酷くなってきました。

そして、母親はフレイアさんに「もう仕事を辞める時だ」と話します。

次ページで、続けて「退職を伝えると信じられない事態に言葉を失った…。」もご覧下さい!